Bizコンパス

【CES2020 #1】動画配信サービスの競争が激化「Streaming Wars」を勝ち抜く技術は?
2020.01.29

シリコンバレー通信第23回

【CES2020 #1】動画配信サービスの競争が激化「Streaming Wars」を勝ち抜く技術は?

著者 小室 智昭

(1) 5G and IOT

 前述したが、2019年に米国、韓国で5Gサービスが始まったこともあり、CES 2019以上に5Gへの期待は高まる。AT&T社の発表ではシリコンバレーでの5Gサービスは1月後半となっているが、設備は設置済みで、私のスマートフォンのスクリーンの右上には”5G”と表示されている。

 

1) CTAの予測

 CTAは、2020年に2,000万台の5G対応スマートフォンが出荷され、2023年には1億3,300万台が出荷されると予測している。また「世界各地の55の携帯事業者が2019年末までにサービス開始もしくはサービス開始の計画があると発表している(出典: Viavi Solutions)」と紹介した。

 CTAは、5G市場拡大の牽引車は企業のIoTだと予測している。IoTでの5Gの活用は大別すると大量のデータを低コストかつ省電力で送信するMassive IoT(大規模IoT)と、信頼性が高くて低遅延で可溶性が高いCritical IoT(最重要IoT)に分かれるという。大規模IoTは流通、農業、不動産などがターゲットで、最重要IoTは医療、自動運転、製造がターゲットだという。

 例えば、農業においては大量のデータ管理に加えて、ドローンや農業ロボットによる効率化、自動化の期待も高く、単一のソリューションでカバーできるものではないだろう。単一のIoTソリューションではカバーしきれないのは農業分野だけではないだろう。

 CTAはMedia Dayの中で、IoTは”Internet of Things”から”Intelligence of Things”へと進化し、AI(Artificial Intelligence)はIntelligenceを促進させるための”Intelligence Amplify”になるべき時を迎えていると説明した。

 

2) Qualcomm社

 Qualcomm社がMedia DayでMobile、Automotive、XR向けに複数のプロセッサーの発表を行った。Qualcomm社が発表したプロセッサーは、モバイル端末向けのSnapdragon 865、765/765Gの2種類、Mobile PC向けのSnapdragon 8c、7cの2種類、そしてSnapdragon XR向けのXR2だ。

 Qualcomm社によると、45社以上の携帯事業者が5Gサービスを提供し、340社以上の携帯事業者が5Gへの投資を行っているという。また、2023年までには5Gの接続ポイントが4Gの時と比べると2年以上も早いペースで拡大すると予測している。

 Mobile PC向けのプロセッサーはASUS社とLenovo社が採用することが決まっている。Lenovo社はQualcomm社のイベントで世界初となる5G PCのLenovo Yoga 5Gを発表した。Lenovo Yoga 5Gは、eSIMを搭載しているため、携帯事業者との連携も進みそうだ。Lenovo社は、2020年春ごろに米国で$1,499(約16万円)でLenovo Yoga 5Gの発売を開始する。

 さらにQualcomm社は、自動車に搭載するエッジコンピューティングデバイスの「AI 100」を発表した。すでにAcura社、Audi社、ホンダ社、スバル社、トヨタ社など世界中の33社の自動車メーカーがAI 100を採用し、そのうちの19社はコックピットのプラットフォームとしてAI 100を利用しているそうだ。

 Qualcomm社は自動車業界において4つの分野に注目していて、今回のMedia Dayでは、パートナーとなっているLand Rover社がQualcomm社との連携の内容について発表した。

 

3) 通信事業社

 今年は通信事業者も積極的にCESに参加していた。NTTは53年のCESの歴史のなかで初めて出展し、Smart Cityの取り組みはCTAが発行するデイリーニュースにも取り上げられていた。

 また、SK Telecom社は、「5GがもたらすSmart City」のコンセプトをジオラマなどを使って分かりやすく展示していた。1月9日にはSK Telecom社のCEOのPark JunghoさんがSK Telecomのブースを訪問し、その後、別会場のHyundai社のブースを訪問するなど精力的に視察をしていた。

次のページ

(2)Content(Streaming Wars)

SHARE

関連記事

音声認識とAIで「新人が即戦力になる」コンタクトセンターとは

2020.03.27

いま求められる“顧客接点の強化”第24回

音声認識とAIで「新人が即戦力になる」コンタクトセンターとは

京セラはなぜ「AI翻訳」の全社一斉導入を決めたのか

2020.03.27

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第36回

京セラはなぜ「AI翻訳」の全社一斉導入を決めたのか

ベテランの知識やスキルを若手に伝える“技術”とは?

2020.03.18

デジタライゼーションの未来形第7回

ベテランの知識やスキルを若手に伝える“技術”とは?

デロイト トーマツ グループは“AI翻訳”で業務改善を進めている

2020.03.13

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第35回

デロイト トーマツ グループは“AI翻訳”で業務改善を進めている

「eSIM」がビジネスの現場にもたらす価値とは?NTT comが解説

2020.02.28

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第34回

「eSIM」がビジネスの現場にもたらす価値とは?NTT comが解説

法政大・西岡教授「製造業の未来は“匠の技”のデジタル化にかかっている」

2020.02.26

INDUSTRY REVIEW~業界有識者が「DXの現在と未来」を語る第1回

法政大・西岡教授「製造業の未来は“匠の技”のデジタル化にかかっている」

オフィス内で働き方改革を進めるなら「IoT」が良い

2020.02.19

失敗する働き方改革、成功する働き方改革第9回

オフィス内で働き方改革を進めるなら「IoT」が良い

2020年は予算をどう使うべき?内山悟志氏が「5つのITトレンド」で解説

2020.02.05

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第29回

2020年は予算をどう使うべき?内山悟志氏が「5つのITトレンド」で解説

厳しい状況にある国内スマホメーカーの生き残り策とは

2020.01.16

ケータイ業界の最新動向に迫る第74回

厳しい状況にある国内スマホメーカーの生き残り策とは

会議のムダを削減したいなら、○○を自動化しよう!

2020.01.15

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第21回

会議のムダを削減したいなら、○○を自動化しよう!

「こんなはずじゃなかった」働き方改革、現場を活性化するツールとは?

2019.12.18

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第19回

「こんなはずじゃなかった」働き方改革、現場を活性化するツールとは?