NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

【CES2020 #1】動画配信サービスの競争が激化「Streaming Wars」を勝ち抜く技術は?
2020.01.29

シリコンバレー通信第23回

【CES2020 #1】動画配信サービスの競争が激化「Streaming Wars」を勝ち抜く技術は?

著者 小室 智昭

 いささか時間が経ってしまいましたが、明けましておめでとうございます。2020年も米国のテックカンファレンスはCES(Consumer Electronics Show)で幕を開けました。大勢の日本メディアが参加していたため、すでに情報を目にされている方もいると思いますが、他のメディアとは違う目線でCES 2020を振り返ってみたいと思います。

CES概要

 CES(Consumer Electronics Show)は今年で53回目を迎えるConsumer Electronics(家電)に注目したカンファレンスだ。2014年ごろから大手自動車メーカーが積極的にCESに参加するようになり、参加者、規模が爆発的に大きくなった。毎年のことだが、Keynote(基調講演)やセッションは、カンファレンス会場とは別のホテルで開催され、各会場を結ぶシャトルバスには長蛇の列ができ、市内も大渋滞となる。

 日本からも出展者、メディアを含め多くの方が参加した。そのため、米国内の入国審査にいつも以上に時間がかかり、乗り継ぎ便に乗り遅れる人が続出したと聞く。

 参加者にインタビューすると、米国と韓国で5Gサービスが開始されたこともあり、5Gに関する製品、サービスの発表への期待が高い。他には、MaaS(Mobility as a Service)、ヘルスケアなどの新製品、新サービスの発表、展示に期待しているようだ。

CES 2020での注目分野

 今回は少し趣向を変えて、CESを主催するCTA(Consumer Technology Associate:全米家電協会)が注目する分野ごとに、Keynote、展示内容をまとめてみる。

 CTAがMedia Day(メディア向けのカンファレンス)で発表した注目分野は、以下の10分野となっている。

・5G and IoT
・Content(Streaming Wars)
・Entertainment(XR)
・Gaming(Immersive)
・Transportation(C-V2X, Multi-modal, EV, Self-Driving Fleet)
・Flying Cars(eVTOL(electric Vertical Take Off and Landing))
・Digital Health(Sleep Tech, Baby Tech, Health & Wellness/Fitness)
・Resilient Technologies(Cyber, Public Alart, DR, Emergency Prepare,Renewable Energy)
・Eureka Park
・Robotics

次のページ

(1) 5G and IOT

SHARE

関連記事

雑談が一番難しい会話型AIの今後とは?

2021.01.21

IT&ビジネス最新ニュース第100回

雑談が一番難しい会話型AIの今後とは?

データ分析の膨大な手間を“1クリック”で解決する方法がある

2021.01.15

これからの時代に求められるデータ利活用第8回

データ分析の膨大な手間を“1クリック”で解決する方法がある

AIをどう使えば「利益」「成果」につながるのか?エバンジェリストが解説

2020.12.18

With/AfterコロナにおけるAI技術の可能性第5回

AIをどう使えば「利益」「成果」につながるのか?エバンジェリストが解説

デジタルトランスフォーメーション(DX)について分かりやすく説明

2020.12.01

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて

デジタルトランスフォーメーション(DX)について分かりやすく説明

世の中が大きく変わる?AIとはどのようなものか?

2020.12.01

DX推進に必要なテクノロジー

世の中が大きく変わる?AIとはどのようなものか?

今後さらに便利な世の中へ。IoTでは何ができる?

2020.12.01

DX推進に必要なテクノロジー

今後さらに便利な世の中へ。IoTでは何ができる?

DX部門を立ち上げたらどうなるのか?実際の企業に見る、DXの理想と現実

2020.11.20

これからの時代に求められるデータ利活用第7回

DX部門を立ち上げたらどうなるのか?実際の企業に見る、DXの理想と現実