NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

【CES2020 #1】動画配信サービスの競争が激化「Streaming Wars」を勝ち抜く技術は?
2020.01.29

シリコンバレー通信第23回

【CES2020 #1】動画配信サービスの競争が激化「Streaming Wars」を勝ち抜く技術は?

著者 小室 智昭

 いささか時間が経ってしまいましたが、明けましておめでとうございます。2020年も米国のテックカンファレンスはCES(Consumer Electronics Show)で幕を開けました。大勢の日本メディアが参加していたため、すでに情報を目にされている方もいると思いますが、他のメディアとは違う目線でCES 2020を振り返ってみたいと思います。

CES概要

 CES(Consumer Electronics Show)は今年で53回目を迎えるConsumer Electronics(家電)に注目したカンファレンスだ。2014年ごろから大手自動車メーカーが積極的にCESに参加するようになり、参加者、規模が爆発的に大きくなった。毎年のことだが、Keynote(基調講演)やセッションは、カンファレンス会場とは別のホテルで開催され、各会場を結ぶシャトルバスには長蛇の列ができ、市内も大渋滞となる。

 日本からも出展者、メディアを含め多くの方が参加した。そのため、米国内の入国審査にいつも以上に時間がかかり、乗り継ぎ便に乗り遅れる人が続出したと聞く。

 参加者にインタビューすると、米国と韓国で5Gサービスが開始されたこともあり、5Gに関する製品、サービスの発表への期待が高い。他には、MaaS(Mobility as a Service)、ヘルスケアなどの新製品、新サービスの発表、展示に期待しているようだ。

CES 2020での注目分野

 今回は少し趣向を変えて、CESを主催するCTA(Consumer Technology Associate:全米家電協会)が注目する分野ごとに、Keynote、展示内容をまとめてみる。

 CTAがMedia Day(メディア向けのカンファレンス)で発表した注目分野は、以下の10分野となっている。

・5G and IoT
・Content(Streaming Wars)
・Entertainment(XR)
・Gaming(Immersive)
・Transportation(C-V2X, Multi-modal, EV, Self-Driving Fleet)
・Flying Cars(eVTOL(electric Vertical Take Off and Landing))
・Digital Health(Sleep Tech, Baby Tech, Health & Wellness/Fitness)
・Resilient Technologies(Cyber, Public Alart, DR, Emergency Prepare,Renewable Energy)
・Eureka Park
・Robotics

次のページ

(1) 5G and IOT

SHARE

関連記事

AIはどうやって、新型コロナウイルスの治療/診断/予測をしているのか?

2020.07.15

With/AfterコロナにおけるAI技術の可能性第2回

AIはどうやって、新型コロナウイルスの治療/診断/予測をしているのか?

ローカル5Gは、「With/Afrerコロナ」における製造業をどう変えていくのか?

2020.07.03

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第2回

ローカル5Gは、「With/Afrerコロナ」における製造業をどう変えていくのか?

ニューノーマル時代に、AIは働き方をどう変えるか?

2020.06.17

With/AfterコロナにおけるAI技術の可能性第1回

ニューノーマル時代に、AIは働き方をどう変えるか?

大林組のIoTシステムは、リストバンドで作業員の安全を守る

2020.04.28

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第40回

大林組のIoTシステムは、リストバンドで作業員の安全を守る

課題に直面するコンタクトセンターを救う3カ条とは

2020.04.16

いま求められる“顧客接点の強化”第25回

課題に直面するコンタクトセンターを救う3カ条とは

クボタはディープラーニングで焼却炉のエコ発電を目指している

2020.04.15

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第39回

クボタはディープラーニングで焼却炉のエコ発電を目指している

中部電力とNTT Comはどうやって点検データを「見える化」したのか

2020.04.10

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第38回

中部電力とNTT Comはどうやって点検データを「見える化」したのか