Bizコンパス

AWSの新サービスが次々に発表「re: Invent 2019」レポート
2020.01.06

シリコンバレー通信第22回

AWSの新サービスが次々に発表「re: Invent 2019」レポート

著者 小室 智昭

 2019年は「シリコンバレー通信」をご愛読いただきありがとうございました。新年も、皆さまのお役に立てるような情報の発信に努めますので、引き続きご愛読いただけるようお願いします。

 今回は、毎年クリスマスホリデー突入直前にラスベガスで開催された、AWS社のイベント「AWS re: Invent 2019」について報告します。

1.AWS re: Invent概要

 AWS re:Inventは、2012年から始まったAWS社のカンファレンスで、今回で8回目の開催。AWS社のCEOのAndy Jassyさんが自身の基調講演で「re:Inventは他のカンファレンスと違ってEducational(教育的)なカンファレンス」というくらい、AWSに関する情報満載なカンファレンスだ。

 re:Invent 2019では、Certification、Expo、Hands-on Lab、Session、Workshopなど、18のカテゴリーで、Alexa、Analytics、AI/ML、Blockchain、Mobile、Mobilityなどの25のトピックスについて情報が提供された。当然、一つの会場ではおさまらず、18のホテルに分散して行われたため、移動も大変だ。人気のセッションは事前の予約が必要で、予約ができなかった場合は、空き席を求めて並ぶことになる。
re:Invent 2019会場マップ

 ツアーを企画したJ旅行会社の話だと、昨年を大きく上回る数の人が、日本から参加したそうだ。AWS社のCEOのAndy Jassyさんによると、re:Invent 2019では、3,000以上のセッションが開催され、参加者は65,000人以上。そのうちの約7,000人が政府や自治体関連の参加者だそうだ。

次のページ

2.CEO Keynote

関連キーワード

SHARE

関連記事

ベテランの知識やスキルを若手に伝える“技術”とは?

2020.03.18

デジタライゼーションの未来形第7回

ベテランの知識やスキルを若手に伝える“技術”とは?

2020年は予算をどう使うべき?内山悟志氏が「5つのITトレンド」で解説

2020.02.05

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第29回

2020年は予算をどう使うべき?内山悟志氏が「5つのITトレンド」で解説

マルチクラウドの活用に必要なクラウドマネジメントとは?

2020.01.31

DXを加速させるITシステムの運用改革第19回

マルチクラウドの活用に必要なクラウドマネジメントとは?

「2025年の崖」を飛び越える鍵は“データの連携”にあり

2020.01.22

これからの時代に求められるデータ利活用第2回

「2025年の崖」を飛び越える鍵は“データの連携”にあり

「こんなはずじゃなかった」働き方改革、現場を活性化するツールとは?

2019.12.18

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第19回

「こんなはずじゃなかった」働き方改革、現場を活性化するツールとは?

「少ない予算でもイノベーションは起こせる」NTT Comラボの事例を紹介

2019.12.06

デジタルトランスフォーメーション最前線第4回

「少ない予算でもイノベーションは起こせる」NTT Comラボの事例を紹介

なぜ横河電機はスクラッチ開発を諦めServiceNowを選んだのか?

2019.11.13

DXを加速させるITシステムの運用改革第13回

なぜ横河電機はスクラッチ開発を諦めServiceNowを選んだのか?

人手が足りなくても、セキュリティレベルは高められる

2019.11.01

DXを加速させるITシステムの運用改革第12回

人手が足りなくても、セキュリティレベルは高められる

キャタラーはどのようにしてマルチクラウドの課題を解決したのか

2019.10.25

ビジネススピードを加速するIT基盤第22回

キャタラーはどのようにしてマルチクラウドの課題を解決したのか

人手不足で高離職率、コンタクトセンターの“現実”を変える切り札とは

2019.10.23

いま求められる“顧客接点の強化”第23回

人手不足で高離職率、コンタクトセンターの“現実”を変える切り札とは

「Flexible InterConnect」はマルチクラウドの課題を一掃する

2019.10.16

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第22回

「Flexible InterConnect」はマルチクラウドの課題を一掃する