NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

在宅勤務にもハラスメントは存在する!「リモハラ」にご注意
2020.07.31

アンケートから読み解くビジネスの課題第8回

在宅勤務にもハラスメントは存在する!「リモハラ」にご注意

著者 Bizコンパス編集部

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、オフィスに出社せず、在宅勤務で業務を続けている企業は多いでしょう。しかし、ある調査によると、在宅勤務でオフィスに出社していないにも関わらず、上司とのコミュニケーションに不快感やストレスを感じる“リモートハラスメント”(リモハラ)が課題となっていることがわかりました。

 なぜ部下は、オフィス勤務時よりも対面する機会が少ない在宅勤務で、上司にストレスを感じてしまうのでしょうか?同調査を読み解きます。

在宅勤務は、オフィス勤務よりも上司への不満が溜まりやすい?

 この調査は、ダイヤモンド・コンサルティングオフィス合同会社が、テレワークで上司とコミュニケーションを取っている会社員110名を対象に、テレワークにおけるハラスメントの調査を目的に行ったものです。

  “在宅勤務中に、上司とのコミュニケーションでストレスや不快感を感じたことがあるか”という問いでは、37.2%が「ある」、41.8%が「何度もある」と回答。調査対象の8割近くが、上司とのやり取りに不満を抱えているという結果になりました。

 “具体的にどのような場面でストレスや不快感を感じたか”、という問いに対しては「やたらとWeb会議をやりたがる」「仕事をサボっていないかいちいちチェック」「終業後も電話がかかってくること」といったような声が挙がりました。上司による度重なるコミュニケーションが、部下にはストレスの原因になってしまっているようです。このほか、「チャット上での言葉遣いがきつい」「(メールのやり取りで)ニュアンスが正しく伝わらない」といったような、文字によるコミュニケーションならではの“伝わらなさ”による不快感も生まれているようです。

 “オフィスに出社していた時と比べ、上司とのコミュニケーションで不快感やストレスはどう変化したか”については、「かなり増えた」(25.5%)、「少し増えた」(40.0%)と、約65%が在宅勤務によって悪化したと回答。「減少した」と答えたのはわずか3.6%でした。

関連キーワード

SHARE

関連記事

最短10営業日で構築可能な「在宅コンタクトセンター」とは?

2020.07.29

いま求められる“顧客接点の強化”第28回

最短10営業日で構築可能な「在宅コンタクトセンター」とは?

Box社に聞く「オンラインがメイン、オフィスがサブ」の働き方とは?

2020.07.22

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第29回

Box社に聞く「オンラインがメイン、オフィスがサブ」の働き方とは?

なぜNTT Comは早期に全従業員の在宅勤務を実現できたのか

2020.06.05

テレワーク導入の“壁”を解決第8回

なぜNTT Comは早期に全従業員の在宅勤務を実現できたのか

世界的IT企業が集う街・シアトルの在宅勤務とは

2020.06.03

テレワーク導入の“壁”を解決第7回

世界的IT企業が集う街・シアトルの在宅勤務とは

コロナで大打撃、フィリピンの語学学校のオンラインセミナー戦略とは?

2020.05.27

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第1回

コロナで大打撃、フィリピンの語学学校のオンラインセミナー戦略とは?

テレワークで成果を出す鍵は、コミュニケーション環境にあり

2020.03.11

テレワーク導入の“壁”を解決第2回

テレワークで成果を出す鍵は、コミュニケーション環境にあり

“届いてから最短10分”でテレワークを始める方法がある

2020.03.04

テレワーク導入の“壁”を解決第1回

“届いてから最短10分”でテレワークを始める方法がある

「リモートワークはしたいけど、クラウドの反応が遅い」を解決する方法

2019.09.04

セキュアなリモートアクセス環境を構築する手法第2回

「リモートワークはしたいけど、クラウドの反応が遅い」を解決する方法