NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

在宅勤務にもハラスメントは存在する!「リモハラ」にご注意
2020.07.31

アンケートから読み解くビジネスの課題第8回

在宅勤務にもハラスメントは存在する!「リモハラ」にご注意

著者 Bizコンパス編集部

残業よりも、プライベートに踏み入れられる方がイヤ?

 在宅勤務中、上司から受けたことのある言動を複数選ぶ設問では、「常に仕事をしているかの連絡や確認」(46.4%)、「オンラインでのプライベートに関する内容の質問」(40.0%)の2つが、4割を超えました。一方で「リモート飲み会への勧誘」(21.8%)、「不当な残業の指示」(14.9%)については、比較的低い数値となりました。

 Web会議などオンラインのミーティングで“上司との距離感が近すぎると感じたことがあるか”という問いでは、6割が「ある」(「何度もある」28.2%、「ある」35.4%)と回答。このうち、距離感が“近すぎる”ことでストレスや不快感を感じた人は9割以上という高い数値となっています(「非常に感じた」41.4%、「多少感じた」52.9%)。

 このほか、“テレワークを快適に進める上で、上司に気をつけてほしいことや直してほしいこと”を選ぶ設問でも「仕事とプライベートな時間の棲み分け」が1位となりました(52.7%)。ダイヤモンド・コンサルティングオフィス社は、在宅勤務において、対面時のハラスメント対策に加えて、リモートワークにおけるハラスメント対策(リモハラ)についても必要といいます。

 在宅勤務で、部下とのコミュニケーションが足りないのでは、と不安に思うビジネスリーダーは多いかもしれません。ですが、部下と積極的にコミュニケーションを取ろうとして、必要以上にプライベートな領域に踏み入ってしまうことは、在宅勤務においてはかえって逆効果になってしまう、ということがいえそうです。

関連キーワード

SHARE

関連記事

最短10営業日で構築可能な「在宅コンタクトセンター」とは?

2020.07.29

いま求められる“顧客接点の強化”第28回

最短10営業日で構築可能な「在宅コンタクトセンター」とは?

Box社に聞く「オンラインがメイン、オフィスがサブ」の働き方とは?

2020.07.22

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第29回

Box社に聞く「オンラインがメイン、オフィスがサブ」の働き方とは?

なぜNTT Comは早期に全従業員の在宅勤務を実現できたのか

2020.06.05

テレワーク導入の“壁”を解決第8回

なぜNTT Comは早期に全従業員の在宅勤務を実現できたのか

世界的IT企業が集う街・シアトルの在宅勤務とは

2020.06.03

テレワーク導入の“壁”を解決第7回

世界的IT企業が集う街・シアトルの在宅勤務とは

コロナで大打撃、フィリピンの語学学校のオンラインセミナー戦略とは?

2020.05.27

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第1回

コロナで大打撃、フィリピンの語学学校のオンラインセミナー戦略とは?

テレワークで成果を出す鍵は、コミュニケーション環境にあり

2020.03.11

テレワーク導入の“壁”を解決第2回

テレワークで成果を出す鍵は、コミュニケーション環境にあり

“届いてから最短10分”でテレワークを始める方法がある

2020.03.04

テレワーク導入の“壁”を解決第1回

“届いてから最短10分”でテレワークを始める方法がある

「リモートワークはしたいけど、クラウドの反応が遅い」を解決する方法

2019.09.04

セキュアなリモートアクセス環境を構築する手法第2回

「リモートワークはしたいけど、クラウドの反応が遅い」を解決する方法