NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

情報処理促進法が改正、何がどう変わったのか?
2020.07.10

知っておきたい法改正のポイント第19回

情報処理促進法が改正、何がどう変わったのか?

著者 福谷 陽子

 2020年5月15日、「改正情報処理促進法」が施行されました。

 情報処理促進法とは、安全かつ適切にIT化を推進し、国民生活の向上や経済の健全な発展に寄与するための法律です。今回の改正では、近年急激に発展を続けるデジタル技術に国や企業が対応するために、大幅な改定が行われ、新制度も導入されています。

 情報処理促進法の改正によって、IT業界のルールはどのように変わったのでしょうか?

なぜ情報処理促進法は改正される必要があったのか?

 情報処理促進法はもともと1970年に施行された法律です。情報化社会へ対応するために、施行後も技術の発展に応じて繰り返し改正されてきました。

 今回の改正の背景には、クラウドサービスやAI技術の発展、デジタル化など急激な技術革新が起こっていることと、その一方で、日本国内企業がイノベーションに対応できていない状況があります。

 具体的にいえば、効率的なシステム管理ができずコストが増大している、組織を超えたデータの連携・共有システムが存在しない、新技術の安全性評価が不十分、サイバー攻撃に対応できる人材が不足している……といった問題です。実際に、このような問題に頭を悩ませている企業も多いことでしょう。

 このままいくと2025年頃には、多くの日本企業でITシステムの陳腐化を理由に、重大な危機を迎えるのではないかと懸念されています(経済産業省『DXレポート ITシステム「2025年の崖」の克服とDXの本格的な展開』にて指摘)

 ITの進化により、あらゆる産業においてゲームチェンジが起きつつある中、各企業は、競争力維持・強化のために、DX(デジタルトランスフォーメーション)をスピーディーに進めていくことが求められます。つまり、改正情報処理促進法は、企業がビジネスを変革していくことをサポートするための法律なのです。

関連キーワード

SHARE

関連記事

IT部門の変革によりDXを加速!起爆剤となる「マネージドサービス」とは

2021.03.26

DXを加速させるITシステムの運用改革第38回

IT部門の変革によりDXを加速!起爆剤となる「マネージドサービス」とは

「自由な組織が新しいビジネスを生み出す」というわけではない

2021.03.26

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第24回

「自由な組織が新しいビジネスを生み出す」というわけではない

DX成功の鍵“あらゆる組織がデータを活用できる環境”はどう実現するのか

2021.03.24

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第62回

DX成功の鍵“あらゆる組織がデータを活用できる環境”はどう実現するのか

ビッグデータとは?基礎知識からメリット・事例まで紹介

2021.03.22

DX推進に必要なテクノロジー

ビッグデータとは?基礎知識からメリット・事例まで紹介

「ペーパーレスなどがDX」なら時代遅れ–ガートナーが警鐘

2021.03.22

IT&ビジネス最新ニュース第123回

「ペーパーレスなどがDX」なら時代遅れ–ガートナーが警鐘

コロナ禍の影響で業務アプリの利用が大きく変動–Okta調査

2021.03.09

IT&ビジネス最新ニュース第119回

コロナ禍の影響で業務アプリの利用が大きく変動–Okta調査

DXを阻むデータ利活用の課題。その解決方法は?

2021.03.05

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第59回

DXを阻むデータ利活用の課題。その解決方法は?

DXにコラボレーションが必要な理由

2021.02.26

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第21回

DXにコラボレーションが必要な理由

ワークデイに聞く、「デジタルアジリティー」のある組織とは

2021.02.22

IT&ビジネス最新ニュース第113回

ワークデイに聞く、「デジタルアジリティー」のある組織とは

製造業がDXで生き残る道とは?八子知礼氏とエバンジェリストが対談

2021.02.12

INDUSTRY REVIEW~業界有識者が「DXの現在と未来」を語る第9回

製造業がDXで生き残る道とは?八子知礼氏とエバンジェリストが対談

世界IT支出、2021年は6.2%増–ガートナー予測

2021.02.04

IT&ビジネス最新ニュース第106回

世界IT支出、2021年は6.2%増–ガートナー予測

政府も推進する「データ利活用」とは?

2021.02.03

これからの時代に求められるデータの利活用

政府も推進する「データ利活用」とは?