NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

サイトメンテナンスのお知らせ(2020年10月28日(水)予定)
情報処理促進法が改正、何がどう変わったのか?
2020.07.10

知っておきたい法改正のポイント第19回

情報処理促進法が改正、何がどう変わったのか?

著者 福谷 陽子

 2020年5月15日、「改正情報処理促進法」が施行されました。

 情報処理促進法とは、安全かつ適切にIT化を推進し、国民生活の向上や経済の健全な発展に寄与するための法律です。今回の改正では、近年急激に発展を続けるデジタル技術に国や企業が対応するために、大幅な改定が行われ、新制度も導入されています。

 情報処理促進法の改正によって、IT業界のルールはどのように変わったのでしょうか?

なぜ情報処理促進法は改正される必要があったのか?

 情報処理促進法はもともと1970年に施行された法律です。情報化社会へ対応するために、施行後も技術の発展に応じて繰り返し改正されてきました。

 今回の改正の背景には、クラウドサービスやAI技術の発展、デジタル化など急激な技術革新が起こっていることと、その一方で、日本国内企業がイノベーションに対応できていない状況があります。

 具体的にいえば、効率的なシステム管理ができずコストが増大している、組織を超えたデータの連携・共有システムが存在しない、新技術の安全性評価が不十分、サイバー攻撃に対応できる人材が不足している……といった問題です。実際に、このような問題に頭を悩ませている企業も多いことでしょう。

 このままいくと2025年頃には、多くの日本企業でITシステムの陳腐化を理由に、重大な危機を迎えるのではないかと懸念されています(経済産業省『DXレポート ITシステム「2025年の崖」の克服とDXの本格的な展開』にて指摘)

 ITの進化により、あらゆる産業においてゲームチェンジが起きつつある中、各企業は、競争力維持・強化のために、DX(デジタルトランスフォーメーション)をスピーディーに進めていくことが求められます。つまり、改正情報処理促進法は、企業がビジネスを変革していくことをサポートするための法律なのです。

関連キーワード

SHARE

関連記事

未来の製造業のヒントが体感できるショールーム「スマラボ東京」オープン!

2020.10.21

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第53回

未来の製造業のヒントが体感できるショールーム「スマラボ東京」オープン!

なぜニューノーマル時代に「ゼロトラストモデル」が求められるのか

2020.10.16

ニューノーマル時代のネットワーク技術革新第2回

なぜニューノーマル時代に「ゼロトラストモデル」が求められるのか

DX推進の軸となる「データレイク」とは?データウェアハウスとの違いは?

2020.10.14

これからの時代に求められるデータ利活用第6回

DX推進の軸となる「データレイク」とは?データウェアハウスとの違いは?

モノだけを売る時代は終わった。データで“体験”が生み出せるか?慶大・宮田裕章教授に聞く

2020.10.09

INDUSTRY REVIEW~業界有識者が「DXの現在と未来」を語る第8回

モノだけを売る時代は終わった。データで“体験”が生み出せるか?慶大・宮田裕章教授に聞く

リアルイベントを、バーチャルでどう再現するのか?NTT Comの取り組みに迫る

2020.10.07

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第52回

リアルイベントを、バーチャルでどう再現するのか?NTT Comの取り組みに迫る

データからビジネスを生む「データイネーブルメント」とは

2020.10.02

エバンジェリストが解説「5分でわかるITトレンド」第8回

データからビジネスを生む「データイネーブルメント」とは

製造業がDXを進めるために、現場はなにから始めるべきか?

2020.09.23

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第10回

製造業がDXを進めるために、現場はなにから始めるべきか?

ユニクロ旗艦店に見る、ウィズコロナのDX戦略

2020.09.18

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第9回

ユニクロ旗艦店に見る、ウィズコロナのDX戦略

なぜ企業はDXのためにデータ活用を進めなければいけないのか

2020.09.16

これからの時代に求められるデータ利活用第4回

なぜ企業はDXのためにデータ活用を進めなければいけないのか