NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

厳しい状況にある国内スマホメーカーの生き残り策とは
2020.01.16

ケータイ業界の最新動向に迫る第74回

厳しい状況にある国内スマホメーカーの生き残り策とは

著者 佐野 正弘

価格競争力を失ったメーカーは軒並み苦境に

 国内メーカーにとっては厳しい状況を生んだ背景としてはもう1つ、行政による値引き規制によって低価格スマートフォンの需要が高まっていることも考えられる。なぜなら低価格なスマートフォンは、得られる利益が少なく、たくさん販売しなければ利益を確保できないからだ。

 実際、低価格スマートフォンに強みを持つのは世界的に高いシェアを持つメーカー、具体的には世界最大手のサムスン電子や、ファーウェイ・テクノロジーズ、オッポ、シャオミなどの中国メーカーに限られる。それゆえ中国メーカーは、先の法改正を機として日本市場に次々とコストパフォーマンスの高いスマートフォンを投入し、価格競争力の高さで日本でのシェア拡大を図ろうとしている。

 一方国内メーカーは、先にも触れた通り、世界での販売台数シェアが非常に小さく販路も少ない。それゆえ低価格スマートフォンの需要が高まるほど市場で不利になる可能性が高く、中国メーカーが携帯電話会社からの信頼を得るようになれば、いよいよ存亡の危機に立たされる可能性が出てくるだろう。

 だが実は、スマートフォンで苦戦しているのは日本メーカーだけに限ったことではなく、世界的に見てもシェアの小さいメーカーは軒並み苦戦している。日本でも一世を風靡したHTCやエイスーステック・コンピューター、そしてLGエレクトロニクスなどもスマートフォン事業の不振に苦しんでいるし、中国でもかつて勢いがあったいくつかの企業が、撤退・吸収されるなどして再編が進んでいる状況なのだ。

 その背景にあるのは、やはり世界的にスマートフォンが行き渡って飽和傾向にあることと、それに伴い低価格なスマートフォンへのニーズが高まっていることにある。それゆえスマートフォンもパソコンと同様に、シェアの高い5社程度がスケールメリットによる価格競争力を武器として世界的に販売を拡大する一方、それ以外のメーカーは不振で撤退するか、ニッチな市場に活路を見出すかのいずれかの選択を迫られると考えられる。

関連キーワード

SHARE

関連記事

DX部門を立ち上げたらどうなるのか?実際の企業に見る、DXの理想と現実

2020.11.20

これからの時代に求められるデータ利活用第7回

DX部門を立ち上げたらどうなるのか?実際の企業に見る、DXの理想と現実

DX推進の軸となる「データレイク」とは?データウェアハウスとの違いは?

2020.10.14

これからの時代に求められるデータ利活用第6回

DX推進の軸となる「データレイク」とは?データウェアハウスとの違いは?

「Smart Mobility」で、クルマはもっと安全に、便利になる

2020.10.07

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第51回

「Smart Mobility」で、クルマはもっと安全に、便利になる

データからビジネスを生む「データイネーブルメント」とは

2020.10.02

エバンジェリストが解説「5分でわかるITトレンド」第8回

データからビジネスを生む「データイネーブルメント」とは

都市課題をデジタルツインで解決する時代がすぐそこまで来ている

2020.09.30

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第50回

都市課題をデジタルツインで解決する時代がすぐそこまで来ている

SDGsを達成するためのICT活用“全球自律神経”とは?

2020.09.30

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第49回

SDGsを達成するためのICT活用“全球自律神経”とは?

製造業に共通する無駄の多い業務は Smart Factoryでシェアできる

2020.09.23

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第47回

製造業に共通する無駄の多い業務は Smart Factoryでシェアできる