NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

サイトメンテナンスのお知らせ(2020年10月28日(水)予定)
在宅勤務で上司はどのように部下とコミュニケーションを取れば良いのか
2020.04.27

海外論文に学ぶビジネスのコツ第23回

在宅勤務で上司はどのように部下とコミュニケーションを取れば良いのか

著者 前野 智子

相談事は「1回10分以内」で受ける

 在宅勤務環境下では、上記のように上司に連絡することをためらう部下がいる一方で、いつも以上に頻繁に上司に判断を仰いだり、コメントを求めてくる部下も現れます。上司が忙しそうか余裕がありそうか、同じオフィスにいる時ならば部下も様子を見て判断できますが、在宅勤務下ではそれも叶いません。しかし、彼らからの相談事にその都度対応していては、上司自身が本質的な仕事をする時間が奪われてしまいます。

 非営利団体のトップを務めるMarissa氏は、1日1時間、部下からの細かい相談事や確認事項などを受けるための時間をスケジュールに組み込んでいます。その時間になると、彼女はビデオ会議アプリを立ち上げ、部下からのコンタクトを待ちます。誰か1人が相談事を持ち込むと、オフィスのドアを閉めるのと同じように、ビデオ会議をプライベートモードにして、二人きりで話し合います。

 この時の部下との会議は、「必ず10分以内で終わること」がルールです。10分以内に終わらない案件の場合は、別の時間に改めて会議を設定します。他の部下も、Marissaの会議が10分で終わると知っているので、何か相談事があれば10分後にコンタクトすれば良いとわかります。

 このような仕組みを作っておくことで、在宅勤務下で上司の姿が見えなかったとしても、部下からの「今ちょっといいですか?」というトーンの相談事をコントロールしやすくなります。部下からの細々した相談や質問にまとめて対応することで、上司もそれ以外の時間を自分自身の仕事に有効に使えるようになるのです。

関連キーワード

SHARE

関連記事

“集まれない”入学式をライブ配信、公立中学校の挑戦に迫る

2020.10.02

「教育」をデジタルで変える第1回

“集まれない”入学式をライブ配信、公立中学校の挑戦に迫る

“従業員への信頼”から始まるNTT ComのSmart Workstyleとは

2020.09.25

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第48回

“従業員への信頼”から始まるNTT ComのSmart Workstyleとは

サイボウズの「100人100通り」の働き方はどうやって生まれたのか

2020.09.16

共創によるビジネスイノベーション第3回

サイボウズの「100人100通り」の働き方はどうやって生まれたのか

テレワーク化したコンタクトセンターは、コロナにも震災にも負けなかった

2020.09.02

いま求められる“顧客接点の強化”第30回

テレワーク化したコンタクトセンターは、コロナにも震災にも負けなかった

製造業の現場は、オンラインのみで成り立つのか?

2020.08.28

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第7回

製造業の現場は、オンラインのみで成り立つのか?

With/Afterコロナの時代に、オフィスは不要か? 必要か?

2020.08.05

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第5回

With/Afterコロナの時代に、オフィスは不要か? 必要か?

Box社に聞く「オンラインがメイン、オフィスがサブ」の働き方とは?

2020.07.22

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第29回

Box社に聞く「オンラインがメイン、オフィスがサブ」の働き方とは?