NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

【重要】「Bizコンパス」サイトリニューアルのお知らせ
DXの潮流、CDOの挑戦
2020.10.02

エバンジェリストが解説「5分でわかるITトレンド」第8回

データからビジネスを生む「データイネーブルメント」とは

著者 Bizコンパス編集部

まず、事業部門とIT部門の役割分担からはじめてみる

 データを活用して新たなビジネスを生み出す「データイネーブルメント」を実践していくために、企業は何から始めれば良いのでしょうか。林氏は、自社内でのデータ活用の意識を変えること、部門間で横連携できる体制をつくることを挙げます。

 「データイネーブルメントのためには、付加価値の創出や社会課題の解決に向けたデータ活用の視点を持たなければいけません。しかし現状では、多くの企業でデータ活用が意思決定や業務効率化のレベルに留まっています。

 事業部門とIT部門の役割分担も重要です。たとえば、IT部門はデータ処理や分析のためのプラットフォームを構築し、組織横断でデータを活用するための環境を整える。事業部門はそれを利用し、さまざまなデータを集約したり、社内外のデータを組み合わせて、プロフィットを生み出していく。このように役割分担を行い、お互いに協力しながらデータ活用の環境を整えていくことが、データイネーブルメントには必要です。

 データイネーブルメントとDXはほぼイコールの関係であり、DXを実践していく上でデータ活用は欠かすことができません。いま一度自社にどのようなデータがあるのか、それをどう活用すればビジネスでの新たな価値を生み出せるのかを検討していくことが、With/Afterコロナにおける企業の競争力の源泉となるはずです」

この記事が気に入ったらクリック!

お気に入り登録

この記事で紹介しているサービスについて

SHARE

関連記事

コロナ禍で「DX」は共創の時代へ、Bizコンパスの1年から考える

2021.09.22

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて最終回

コロナ禍で「DX」は共創の時代へ、Bizコンパスの1年から考える

テーマは「社会・産業DX」、NTT Com「CDF2021」が描くDXのリアルとは

2021.09.15

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第69回

テーマは「社会・産業DX」、NTT Com「CDF2021」が描くDXのリアルとは

インフラ試験を自動化するために、どんな環境が必要なのか?

2021.08.04

DXを加速させるITシステムの運用改革第42回

インフラ試験を自動化するために、どんな環境が必要なのか?

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

2021.07.21

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第31回

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

企業にCDOが求められる3つの理由

2021.07.16

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第30回

企業にCDOが求められる3つの理由