NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

「With/Afterコロナ」で企業のクラウド利用は加速するか
2020.07.22

エバンジェリストが解説「5分でわかるITトレンド」第7回

「With/Afterコロナ」で企業のクラウド利用は加速するか

著者 林 雅之

2020年は、IT投資を積極的に進める足固めの年に

 今回取り上げた資料の情報をまとめると、2020年のIT市場はテレワークの利用など一部の投資は拡大するものの、市場全体としては成長が鈍化するとみられます。一方、2021年以降は、With/Afterコロナの「ニューノーマル(新たな日常)」への対応が市場の成長材料となり、IT投資が加速する可能性を秘めています。

 新型コロナウイルス感染症の影響は、次のビジネス成長につながる機会となります。2020年は、ERPなどの基幹システムを刷新しつつ、クラウドをはじめとしたIT投資を積極的に進めていくための足固めとして、重要な年となるでしょう。

SHARE

関連記事

アフターコロナ時代のITインフラは「SASE」がカギを握っている

2020.10.30

DXを加速させるITシステムの運用改革第31回

アフターコロナ時代のITインフラは「SASE」がカギを握っている

「ネクストノーマル」時代に、企業に求められるIT戦略とは

2020.10.28

エバンジェリストが解説「5分でわかるITトレンド」第9回

「ネクストノーマル」時代に、企業に求められるIT戦略とは

「モバイルPASMO」の実現までに13年もの歳月がかかった裏事情

2020.10.27

IT&ビジネス最新ニュース第71回

「モバイルPASMO」の実現までに13年もの歳月がかかった裏事情

未来の製造業のヒントが体感できるショールーム「スマラボ東京」オープン!

2020.10.21

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第53回

未来の製造業のヒントが体感できるショールーム「スマラボ東京」オープン!

なぜニューノーマル時代に「ゼロトラストモデル」が求められるのか

2020.10.16

ニューノーマル時代のネットワーク技術革新第2回

なぜニューノーマル時代に「ゼロトラストモデル」が求められるのか

DX推進の軸となる「データレイク」とは?データウェアハウスとの違いは?

2020.10.14

これからの時代に求められるデータ利活用第6回

DX推進の軸となる「データレイク」とは?データウェアハウスとの違いは?