NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

「With/Afterコロナ」のIT市場は、悲観的か?楽観的か?
2020.05.22

エバンジェリストが解説「5分でわかるITトレンド」第5回

「With/Afterコロナ」のIT市場は、悲観的か?楽観的か?

著者 林 雅之

政府や団体などの経済対策や緊急提言も

 こういった危機的な状況を受け、内閣府が2020年4月27日に開催した「第6回経済財政諮問会議」では、政府では新型コロナウイルス感染症緊急経済対策として、「緊急支援フェーズ」と「V字回復フェーズ」において、財政・金融・税制とともに規制改革を進めています。政府では、これらの緊急経済対策によって、実質GDP換算で4.4%程度の経済効果を見込んでいます。

<緊急経済対策による経済効果>
・「総合経済対策」のうち今後効果が発現すると見込まれる分: 1.1%程度
・「緊急対応策」第1弾及び第2弾、今回新たに追加する施策によって見込まれる分: 3.3%程度
出所:内閣府 第6回経済財政諮問会議 2020.4.27

 また、一般社団法人 日本経済団体連合会(経団連)は、2020年3月30日「新型コロナウイルス対策に関する緊急提言」を公表しました。

 本提言では、1.当面の危機対策、2.終息後の潜在成長率に回帰するための施策展開、3.Society 5.0の実現に向けた未来社会への投資のそれぞれのフェーズごとに、雇用の維持・事業継続、税制支援、デジタル化、国際貢献、地域経済の活性化などの取り組みについて、提言しています。

 さらに、経団連では、2020年5月11日、「Digital Transformation (DX) ~価値の協創で未来をひらく~」という資料を公表しました。この資料では、新型コロナウイルス感染症という危機に直面している中、人々の思想や世界の様相が大きく変わっている点をあげています。日本は未だ昭和や平成の時代に形作られた社会構造・慣習が根強く残っており、この契機に日本らしい形で「DX」を遂げて、大胆な変革を進め、未来を切り拓いていくことが必要と提言しています。

関連キーワード

SHARE

関連記事

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

2021.07.21

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第31回

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

企業にCDOが求められる3つの理由

2021.07.16

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第30回

企業にCDOが求められる3つの理由

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

2021.07.02

DXを加速させるITシステムの運用改革第41回

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

2021.06.25

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第68回

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

2021.06.16

セキュリティ対策に求められる新たな視点第24回

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

JALは新しいナレッジシステムで、次世代のコンタクトセンターを目指す

2021.06.11

いま求められる“顧客接点の強化”第36回

JALは新しいナレッジシステムで、次世代のコンタクトセンターを目指す