NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

【重要】「Bizコンパス」サイトリニューアルのお知らせ
「With/Afterコロナ」のIT市場は、悲観的か?楽観的か?
2020.05.22

エバンジェリストが解説「5分でわかるITトレンド」第5回

「With/Afterコロナ」のIT市場は、悲観的か?楽観的か?

著者 林 雅之

 新型コロナウイルス感染症の影響により、世界経済は大きな危機に直面しています。この危機を乗り越えていくため、企業活動におけるITの重要性があらためて認識されています。

 With/Afterコロナの経済環境を踏まえ、新しい働き方や商習慣・業務態勢による「ニューノーマル(新たな日常)」の時代を見据え、企業はどうIT戦略を再考し、どう遂行していくべきかを解説します。

相次ぐ上場企業の業績予想の下方修正、合計で3兆円超に

 トヨタ自動車は5月12日、2020年3月期の決算内容を発表しました。2020年3月期の売上高は29兆9299億円、営業利益は年同期比246億円減の2兆4428億円となっています。新型コロナウイルスの影響によって、現時点における2021年3月期の業績の見通しは、売上高24兆円(前期比19.2%減)、営業利益5000億円(前期比79.5%減)と、売上高で6兆円弱、営業利益で2兆円弱の減収を予想しています。

 上場企業にも業績の下方修正が相次いでいます。帝国データバンクは2020年5月14日、「新型コロナウイルスの影響による上場企業の業績修正動向調査(2020年5月13日時点)」を公表。業績予想の下方修正(連結、非連結)を発表した上場企業は5月13日までに累計520社となっています。

 この520社の下方修正の売上高の合計は約4兆3202億5400万円となっています。中でも製造業が売上高の比率の4割を超えており、深刻な状況となっています。2021年の業績は、トヨタ自動車の2021年3月期の業績の見通しで6兆円弱の減収見込みを踏まえると、2021年3月期においては、さらなる業績の落ち込みが予想されます。

関連キーワード

SHARE

関連記事

コロナ禍で「DX」は共創の時代へ、Bizコンパスの1年から考える

2021.09.22

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて最終回

コロナ禍で「DX」は共創の時代へ、Bizコンパスの1年から考える

テーマは「社会・産業DX」、NTT Com「CDF2021」が描くDXのリアルとは

2021.09.15

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第69回

テーマは「社会・産業DX」、NTT Com「CDF2021」が描くDXのリアルとは

インフラ試験を自動化するために、どんな環境が必要なのか?

2021.08.04

DXを加速させるITシステムの運用改革第42回

インフラ試験を自動化するために、どんな環境が必要なのか?

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

2021.07.21

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第31回

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

企業にCDOが求められる3つの理由

2021.07.16

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第30回

企業にCDOが求められる3つの理由

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

2021.07.02

DXを加速させるITシステムの運用改革第41回

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

2021.06.25

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第68回

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」