NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

サイトメンテナンスのお知らせ(2020年10月28日(水)予定)
「2025年の崖」ではシステムの選び方が成否を分ける
2020.05.01

エバンジェリストが解説「5分でわかるITトレンド」第4回

「2025年の崖」ではシステムの選び方が成否を分ける

著者 林 雅之

「2025年の崖」への対応は、クラウドシフトが第一歩

 では、レガシーシステムを刷新するための「具体的な手段」には何があるのでしょうか。多くのユーザー企業がまず検討すべきなのは、システムの「クラウドサービスへの移行」です。

 経産省「DXレポート」では、21年以上稼働するレガシーシステムが2025年時点でもシステム全体の6割を占めると予測しています。多くのレガシーシステムが稼働しているユーザー企業にとって、現在はいわば「レガシーとDX推進のシステムが混在する」過渡期といえます。そのためクラウドシフトへの戦略を立て、段階的に進めていく必要があります。

 レガシーシステムの「クラウドシフト」と「ビジネスにおける競争力」には相関があります。クラウドシフトに早く着手するほど、リプレイスによる業務効率化と付加価値の高いビジネス創出の機会が増えていきます。逆に言えば、それらへの取り組みが遅れるほど、マーケットにおけるイノベーター、アーリーアダプターとしてのポジション獲得のチャンスが失われていきます。

クラウドシフトが遅れるほどビジネス競争力獲得のチャンスが失われていく

SHARE

関連記事

未来の製造業のヒントが体感できるショールーム「スマラボ東京」オープン!

2020.10.21

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第53回

未来の製造業のヒントが体感できるショールーム「スマラボ東京」オープン!

なぜニューノーマル時代に「ゼロトラストモデル」が求められるのか

2020.10.16

ニューノーマル時代のネットワーク技術革新第2回

なぜニューノーマル時代に「ゼロトラストモデル」が求められるのか

DX推進の軸となる「データレイク」とは?データウェアハウスとの違いは?

2020.10.14

これからの時代に求められるデータ利活用第6回

DX推進の軸となる「データレイク」とは?データウェアハウスとの違いは?

モノだけを売る時代は終わった。データで“体験”が生み出せるか?慶大・宮田裕章教授に聞く

2020.10.09

INDUSTRY REVIEW~業界有識者が「DXの現在と未来」を語る第8回

モノだけを売る時代は終わった。データで“体験”が生み出せるか?慶大・宮田裕章教授に聞く

データからビジネスを生む「データイネーブルメント」とは

2020.10.02

エバンジェリストが解説「5分でわかるITトレンド」第8回

データからビジネスを生む「データイネーブルメント」とは

都市課題をデジタルツインで解決する時代がすぐそこまで来ている

2020.09.30

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第50回

都市課題をデジタルツインで解決する時代がすぐそこまで来ている

SDGsを達成するためのICT活用“全球自律神経”とは?

2020.09.30

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第49回

SDGsを達成するためのICT活用“全球自律神経”とは?