NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

DXの潮流、CDOの挑戦
2020.12.02

エバンジェリストが解説「5分でわかるITトレンド」第10回

エバンジェリストが回答!DXを阻むサイロ化をどう解決すればいいのか

著者 Bizコンパス編集部

 DXを推進しようとしている多くの企業で、事業部門を悩ましているのが「組織やITシステムのサイロ化」です。

 たとえば、購買情報などの社内データを部門横断で分析し、新たなビジネス展開のヒントとして活用しようとしても、「データがそれぞれの部門に散在している」「必要なデータがどこにあるのかわからない」「フォーマットや形式が異なりそのままでは利用できない」といった理由から、データを十分に活用できていないケースもあります。

 そういった現状に対して、NTTコミュニケーションズ株式会社(以下、NTT Com)のエバンジェリスト林雅之氏は前回記事「データからビジネスを生むデータイネーブルメント」の中で「ビジネスのDXは『データの活用』が土台。データを活用できなければDXは絶対に進まない」と説きました。

 前回記事で実施した「DX推進における自社課題」についての読者アンケートでは、1位「組織やITシステムのサイロ化(38%)」、2位「適切な人材のアサイン方法(28%)」、3位「経営層の理解が得られない(22%)」、4位「優先すべきIT投資の判断(12%)」という結果でした(2020/11/20時点)。

 今回は、最も回答の多かった「組織やITシステムのサイロ化」をどう解決すればよいのかについて、林氏が解説します。

マルチクラウドで、システムのサイロ化が加速している!?

 組織やITシステムがサイロ化することで、部門間でのデータ活用ができないことの弊害を、林氏は改めて強調します。

NTTコミュニケーションズ株式会社
エバンジェリスト 林雅之

NTT Comデータプラットフォームサービス部にて広報、マーケティング等を担当。国際大学GLOCOM客員研究員。総務省 AIネットワーク社会推進会議 構成員(2016-2018)。経済産業省 データ流通及びデータプラットフォームのグローバル化に関する研究会 招聘委員(2018)。一般社団法人クラウド利用促進機構 総合アドバイザーなども務め、クラウドを中心にDXの推進に寄与する活動に積極的に取り組んでいる。主な著書は『イラスト図解式この一冊で全部わかるクラウドの基本』(SBクリエイティブ)、『スマートマシン 機械が考える時代』(洋泉社)など。企業が「With/Afterコロナ」で検討すべきIT投資とは?など、Bizコンパスへの定期的な寄稿も行っている。

 「ITシステムがサイロ化していると、部門の業務プロセスごとにシステムが最適化されてしまいます。その結果、アプリケーションなどから得られたデータが、他部門のシステムで活用できないケースが生まれます。

 これが積み重なると、企業の資産ともいえる社内データがそれぞれの部門のみでしか蓄積しませんし、システムによって異なるデータフォーマットになっているとデータの統合も容易ではなくなります。

 これらは従来、オンプレミスのレガシーシステムでの課題でしたが、昨今では、クラウドもサイロ化の要因となっています。各部門がシステムに合わせて独自でクラウドサービスを併用した結果、システムがバラバラになってしまうというケースです。こうなると、データの統合や活用だけでなく、セキュリティを担保することも難しくなります」

SHARE

関連記事

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

2021.07.21

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第31回

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

企業にCDOが求められる3つの理由

2021.07.16

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第30回

企業にCDOが求められる3つの理由

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

2021.07.02

DXを加速させるITシステムの運用改革第41回

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

2021.06.25

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第68回

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

2021.06.16

セキュリティ対策に求められる新たな視点第24回

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

JALは新しいナレッジシステムで、次世代のコンタクトセンターを目指す

2021.06.11

いま求められる“顧客接点の強化”第36回

JALは新しいナレッジシステムで、次世代のコンタクトセンターを目指す

早大IT戦略研究所 根来龍之氏 「日本の大企業だけがDXに後れを取っているわけではない」

2021.06.04

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第67回

早大IT戦略研究所 根来龍之氏 「日本の大企業だけがDXに後れを取っているわけではない」