NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

DXの潮流、CDOの挑戦
2020.12.02

エバンジェリストが解説「5分でわかるITトレンド」第10回

エバンジェリストが回答!DXを阻むサイロ化をどう解決すればいいのか

著者 Bizコンパス編集部

データ処理/収集の「自動化」で、ビジネスチャンスを発見しやすくなる

 データのロケーションを最適化することによって「自社の競争力に関わるデータ」や「ITを活用した新規ビジネスに関連するデータ」がどこにあるのかがすぐにわかるようになります。しかし、それだけでは新たなビジネス創出のためにデータ活用するシステム環境としては不十分です。林氏はその次の段階として、収集したデータを適切に処理し、蓄積したデータを可視化・分析する「データマネジメントの流れが意識された」環境を整えることが重要だといいます。

 「データマネジメントの一連のフローにおいて、ポイントとなるのが『自動化』です。システムがサイロ化していることで、必要なデータがどこにあるのかを各部門に問い合わせをしたり、手に入れたデータが自部門のデータとそのまま統合できないため、加工に時間を費やすといったケースがあります。しかしそれでは、データを集めることが目的となり、データを分析して新たな発見をするという営みに時間を使うことができません。

 DXの推進を目指す事業部門において大切なのは、データを活用してマーケットの動きなどをリアルタイムに分析することで、ビジネスのヒントを見つけることにリソースを集中できる仕組みです」

 林氏は、そのためには事業部門が情報システム部門と連携して、APIなどを用いてデータ連携を自動化したり、RPAやDigital Workerを利用して処理を自動化するといった「仕組みづくり」も視野に入れるべきだといいます。

 「収集したデータを処理する際、たとえばAI-OCRを用いて紙文書として送られてきたデータを電子化する、あるいは翻訳や必要なデータの抽出といった処理において、AIを積極的に活用していくといったことです。

データマネジメントの流れ

 データの収集や処理を自動化することで、分析に必要なデータが自動的にデータベースに蓄積されるようになれば、これまでサイロ化の課題となっていたデータの加工や統合も人手を介さずにできるようになりますし、事業部門では必要なデータを必要な時に取り出して分析をすることができるようになります。一歩進んだデータ活用が見えてくるはずです」(林氏)

 後編では、読者アンケートで2番目に回答の多かった、DX推進における「適切な人材のアサイン方法」について、林氏が解説します。

SHARE

関連記事

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

2021.07.21

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第31回

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

企業にCDOが求められる3つの理由

2021.07.16

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第30回

企業にCDOが求められる3つの理由

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

2021.07.02

DXを加速させるITシステムの運用改革第41回

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

2021.06.25

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第68回

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

2021.06.16

セキュリティ対策に求められる新たな視点第24回

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

JALは新しいナレッジシステムで、次世代のコンタクトセンターを目指す

2021.06.11

いま求められる“顧客接点の強化”第36回

JALは新しいナレッジシステムで、次世代のコンタクトセンターを目指す

早大IT戦略研究所 根来龍之氏 「日本の大企業だけがDXに後れを取っているわけではない」

2021.06.04

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第67回

早大IT戦略研究所 根来龍之氏 「日本の大企業だけがDXに後れを取っているわけではない」