NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

DXの潮流、CDOの挑戦
2020.10.28

エバンジェリストが解説「5分でわかるITトレンド」第9回

「ネクストノーマル」時代に、企業に求められるIT戦略とは

著者 林 雅之

市場環境の変化に対応する「ビジネスレジリエンス」がより重要に

 DXを推進するためのクラウド採用の考え方にも変化がみられています。調査会社のIDC Japanは2020年9月14日、「国内パブリッククラウドサービス市場予測」を発表しました。

 IDCによると、2020年の国内パブリッククラウドサービス市場規模は、前年比15.3%増の1兆89億円となり、2019年~2024年の年間平均成長率は18.6%で推移し、2024年の市場規模は2019年比2.4倍の2兆567億円になると予測しています。

出所:国内パブリッククラウドサービス市場予測 2020.9

 国内市場では、新型コロナウイルス感染症の流行によって、「テレワークの導入」「デジタルビジネスの強化」などの喫緊の業務課題を解決するために、パブリッククラウドサービスを活用する企業が増加しています。

 一方、2020年の国内パブリッククラウドサービス市場は、多くの企業がIT投資を抑制しており、導入プロジェクトの遅延も見られ、成長が鈍化すると予測しています。

 同予測では、現在、継続的に、多様かつ大きな変化が短期間に起こる「ネクストノーマル」時代を迎えようとしており、業務を維持するための「事業継続」から、市場環境の変化に対応する「ビジネスレジリエンスの強化」へと、これまで以上にIT、特にクラウドの活用を検討する企業が増加していると指摘しています。

 また、多くの企業が、DXやデータ駆動型ビジネスに対する意識が高まり、ビジネスレジリエンスの強化とDX/データ駆動型ビジネスを抱合した「クラウドジャーニー」を中核として、IT戦略を強化すると見られるとしています。

SHARE

関連記事

DXは技術だけでは進まない!必要なのは「デジタルガバナンス」

2020.11.27

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第13回

DXは技術だけでは進まない!必要なのは「デジタルガバナンス」

コロナ禍でもデジタル志向企業のIT投資は衰えず–ITR調査

2020.11.26

IT&ビジネス最新ニュース第82回

コロナ禍でもデジタル志向企業のIT投資は衰えず–ITR調査

新ビジネスはSDGsから生まれる!エバンジェリストが解説

2020.11.25

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第54回

新ビジネスはSDGsから生まれる!エバンジェリストが解説

DX部門を立ち上げたらどうなるのか?実際の企業に見る、DXの理想と現実

2020.11.20

これからの時代に求められるデータ利活用第7回

DX部門を立ち上げたらどうなるのか?実際の企業に見る、DXの理想と現実

従業員を固定電話から解放、第一生命の“スマホで加速する”働き方改革

2020.11.20

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第30回

従業員を固定電話から解放、第一生命の“スマホで加速する”働き方改革

トヨタが「Woven City」で狙うのは、DXのプラットフォーマー

2020.11.18

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第12回

トヨタが「Woven City」で狙うのは、DXのプラットフォーマー

With/Afterコロナのネットワークを支える「エッジコンピューティング」とは

2020.11.18

ニューノーマル時代のネットワーク技術革新第3回

With/Afterコロナのネットワークを支える「エッジコンピューティング」とは