NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

DXの潮流、CDOの挑戦
2020.10.28

エバンジェリストが解説「5分でわかるITトレンド」第9回

「ネクストノーマル」時代に、企業に求められるIT戦略とは

著者 林 雅之

市場環境の変化に対応する「ビジネスレジリエンス」がより重要に

 DXを推進するためのクラウド採用の考え方にも変化がみられています。調査会社のIDC Japanは2020年9月14日、「国内パブリッククラウドサービス市場予測」を発表しました。

 IDCによると、2020年の国内パブリッククラウドサービス市場規模は、前年比15.3%増の1兆89億円となり、2019年~2024年の年間平均成長率は18.6%で推移し、2024年の市場規模は2019年比2.4倍の2兆567億円になると予測しています。

出所:国内パブリッククラウドサービス市場予測 2020.9

 国内市場では、新型コロナウイルス感染症の流行によって、「テレワークの導入」「デジタルビジネスの強化」などの喫緊の業務課題を解決するために、パブリッククラウドサービスを活用する企業が増加しています。

 一方、2020年の国内パブリッククラウドサービス市場は、多くの企業がIT投資を抑制しており、導入プロジェクトの遅延も見られ、成長が鈍化すると予測しています。

 同予測では、現在、継続的に、多様かつ大きな変化が短期間に起こる「ネクストノーマル」時代を迎えようとしており、業務を維持するための「事業継続」から、市場環境の変化に対応する「ビジネスレジリエンスの強化」へと、これまで以上にIT、特にクラウドの活用を検討する企業が増加していると指摘しています。

 また、多くの企業が、DXやデータ駆動型ビジネスに対する意識が高まり、ビジネスレジリエンスの強化とDX/データ駆動型ビジネスを抱合した「クラウドジャーニー」を中核として、IT戦略を強化すると見られるとしています。

SHARE

関連記事

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

2021.07.21

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第31回

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

企業にCDOが求められる3つの理由

2021.07.16

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第30回

企業にCDOが求められる3つの理由

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

2021.07.02

DXを加速させるITシステムの運用改革第41回

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

2021.06.25

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第68回

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

2021.06.16

セキュリティ対策に求められる新たな視点第24回

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

JALは新しいナレッジシステムで、次世代のコンタクトセンターを目指す

2021.06.11

いま求められる“顧客接点の強化”第36回

JALは新しいナレッジシステムで、次世代のコンタクトセンターを目指す