NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

いまさら聞けない「2025年の崖」とは何か?
2020.01.31

エバンジェリストが解説「5分でわかるITトレンド」第1回

いまさら聞けない「2025年の崖」とは何か?

著者 林 雅之

 いま、国内の多くの企業がデジタル変革を図ろうという一方で、老朽化や複雑化、ブラックボックス化した既存の基幹システム(以下、レガシーシステム)への対応に大きな労力を強いられる、いわゆる「2025年の崖」に直面しています。

 しかし、多くの企業が「2025年の崖という言葉は耳にするが、具体的に何をすれば良いのか分からない」という課題を抱えています。

 本記事では、「2025年の崖」に精通するNTTコミュニケーションズエバンジェリストの林雅之氏が、DX実現シナリオや評価指標、データ活用やシステム選択など「2025年の崖」を克服するためのアクションプランを4回に分けて解説します。

・連載テーマ
<第1回>「2025年の崖」とは何か?
<第2回>「2025年の崖」を克服するためには?
<第3回>「2025年の崖」を超えるための評価指標(DX推進指標)とは
<第4回>「2025年の崖」を克服するためのシステム選択

「2025年の崖」は、なぜ起こるか

 自社の将来の成長、競争力強化のために新たなデジタル技術を活用し、ビジネス変革や新たなビジネスモデルを創出、柔軟に改変するデジタルトランスフォーメーション(DX)推進の必要性の意識が高まっています。しかし、DX推進の試みは見られるものの、多くはビジネス変革につながっていないのが現状です。

 背景には、国内企業の老朽化や複雑化、ブラックボックス化しているレガシーシステムの存在があります。ブラックボックス化は、自社システムの内部構造が複雑化し、自分自身で修正できない状態です。多くの企業でDXがビジネス変革につながっていないのは、ブラックボックス化の解明や新たな構築方法の検討などを、「自社の経営課題」として真正面から取り組まないまま時間が経過しているためです。

 「2025年の崖」とは、このようなレガシーシステムが残存した場合に想定される、国際競争への遅れや日本経済の停滞などを指す言葉です。経済産業省(以下、経産省)が発表した『DXレポート ~ITシステム「2025年の崖」克服とDXの本格的な展開~』 (以下、DXレポート)での指摘が話題となり、企業にとっては、自社がDXを推進し、グローバル競争力を高めていくための重要なテーマとなっているのです。

関連キーワード

SHARE

関連記事

インフラ試験を自動化するために、どんな環境が必要なのか?

2021.08.04

DXを加速させるITシステムの運用改革第42回

インフラ試験を自動化するために、どんな環境が必要なのか?

どうすればゼロトラストが実現できるのか?SASEを活用した導入術

2021.07.28

セキュリティ対策に求められる新たな視点第26回

どうすればゼロトラストが実現できるのか?SASEを活用した導入術

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

2021.07.21

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第31回

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

企業にCDOが求められる3つの理由

2021.07.16

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第30回

企業にCDOが求められる3つの理由

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

2021.07.02

DXを加速させるITシステムの運用改革第41回

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

2021.06.25

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第68回

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

2021.06.16

セキュリティ対策に求められる新たな視点第24回

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

JALは新しいナレッジシステムで、次世代のコンタクトセンターを目指す

2021.06.11

いま求められる“顧客接点の強化”第36回

JALは新しいナレッジシステムで、次世代のコンタクトセンターを目指す