NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

いまさら聞けない「2025年の崖」とは何か?
2020.01.31

エバンジェリストが解説「5分でわかるITトレンド」第1回

いまさら聞けない「2025年の崖」とは何か?

著者 林 雅之

「2025年の崖」の課題は、時間とカネ

 たとえば、保険業A社では、導入から約25年経過した基幹系システムの刷新を、経営陣のプロジェクトのもとで、4~5年で約700億円をかけて断行しました。数年単位で経営者が変わる場合は、任期内にシステム刷新の恩恵を受けにくいこともあり、中長期視点でシステム刷新を経営判断するのは難しい状況となっています。

 一般社団法人日本情報システムユーザー協会(JUAS)の「企業 IT 動向調査報告書 2017」によると、日本企業のIT関連予算の80%は現行ビジネスの維持や運営などの「守りのIT投資」に割り当てられています。 DX推進ためのデジタル技術の活用など「攻めのIT投資」に振り向けることができていない状況です。

 レガシーシステムの中には、本来不必要だった運用、保守費を支払い続ける「技術的負債」(Technical Debt)を抱え、その負債の増大が懸念されるケースもあります。 企業の予算がITシステムの運用や保守に8割が費やされ、技術的負債を抱えていれば、将来にわたって新たな付加価値を生み出すIT投資に資金や人材を振り向けることが困難になります。

 多くの企業は、「守りのIT投資」の負担が増え、DX実行に必要となる「攻めのIT投資」ができない課題に直面しているのです。

 次回は、「2025年の崖」を克服に向けたDX実現シナリオを中心に、2025年までに、どのようにレガシーシステムを刷新して「守りのIT投資」を減らし、「攻めのIT投資」によるDXを実現していくかを解説します。

※掲載されている内容は公開日時点のものです。
※掲載されているサービスの名称、内容及び条件は、改善などのために予告なく変更することがあります。

関連キーワード

SHARE

関連記事

どうすればゼロトラストが実現できるのか?SASEを活用した導入術

2021.07.28

セキュリティ対策に求められる新たな視点第26回

どうすればゼロトラストが実現できるのか?SASEを活用した導入術

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

2021.07.21

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第31回

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

企業にCDOが求められる3つの理由

2021.07.16

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第30回

企業にCDOが求められる3つの理由

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

2021.07.02

DXを加速させるITシステムの運用改革第41回

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

2021.06.25

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第68回

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

2021.06.16

セキュリティ対策に求められる新たな視点第24回

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

JALは新しいナレッジシステムで、次世代のコンタクトセンターを目指す

2021.06.11

いま求められる“顧客接点の強化”第36回

JALは新しいナレッジシステムで、次世代のコンタクトセンターを目指す