NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

サイトメンテナンスのお知らせ(2020年10月28日(水)予定)
いまさら聞けない「2025年の崖」とは何か?
2020.01.31

エバンジェリストが解説「5分でわかるITトレンド」第1回

いまさら聞けない「2025年の崖」とは何か?

著者 林 雅之

 いま、国内の多くの企業がデジタル変革を図ろうという一方で、老朽化や複雑化、ブラックボックス化した既存の基幹システム(以下、レガシーシステム)への対応に大きな労力を強いられる、いわゆる「2025年の崖」に直面しています。

 しかし、多くの企業が「2025年の崖という言葉は耳にするが、具体的に何をすれば良いのか分からない」という課題を抱えています。

 本記事では、「2025年の崖」に精通するNTTコミュニケーションズエバンジェリストの林雅之氏が、DX実現シナリオや評価指標、データ活用やシステム選択など「2025年の崖」を克服するためのアクションプランを4回に分けて解説します。

・連載テーマ
<第1回>「2025年の崖」とは何か?
<第2回>「2025年の崖」を克服するためには?
<第3回>「2025年の崖」を超えるための評価指標(DX推進指標)とは
<第4回>「2025年の崖」を克服するためのシステム選択

「2025年の崖」は、なぜ起こるか

 自社の将来の成長、競争力強化のために新たなデジタル技術を活用し、ビジネス変革や新たなビジネスモデルを創出、柔軟に改変するデジタルトランスフォーメーション(DX)推進の必要性の意識が高まっています。しかし、DX推進の試みは見られるものの、多くはビジネス変革につながっていないのが現状です。

 背景には、国内企業の老朽化や複雑化、ブラックボックス化しているレガシーシステムの存在があります。ブラックボックス化は、自社システムの内部構造が複雑化し、自分自身で修正できない状態です。多くの企業でDXがビジネス変革につながっていないのは、ブラックボックス化の解明や新たな構築方法の検討などを、「自社の経営課題」として真正面から取り組まないまま時間が経過しているためです。

 「2025年の崖」とは、このようなレガシーシステムが残存した場合に想定される、国際競争への遅れや日本経済の停滞などを指す言葉です。経済産業省(以下、経産省)が発表した『DXレポート ~ITシステム「2025年の崖」克服とDXの本格的な展開~』 (以下、DXレポート)での指摘が話題となり、企業にとっては、自社がDXを推進し、グローバル競争力を高めていくための重要なテーマとなっているのです。

関連キーワード

SHARE

関連記事

未来の製造業のヒントが体感できるショールーム「スマラボ東京」オープン!

2020.10.21

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第53回

未来の製造業のヒントが体感できるショールーム「スマラボ東京」オープン!

なぜニューノーマル時代に「ゼロトラストモデル」が求められるのか

2020.10.16

ニューノーマル時代のネットワーク技術革新第2回

なぜニューノーマル時代に「ゼロトラストモデル」が求められるのか

DX推進の軸となる「データレイク」とは?データウェアハウスとの違いは?

2020.10.14

これからの時代に求められるデータ利活用第6回

DX推進の軸となる「データレイク」とは?データウェアハウスとの違いは?

モノだけを売る時代は終わった。データで“体験”が生み出せるか?慶大・宮田裕章教授に聞く

2020.10.09

INDUSTRY REVIEW~業界有識者が「DXの現在と未来」を語る第8回

モノだけを売る時代は終わった。データで“体験”が生み出せるか?慶大・宮田裕章教授に聞く

データからビジネスを生む「データイネーブルメント」とは

2020.10.02

エバンジェリストが解説「5分でわかるITトレンド」第8回

データからビジネスを生む「データイネーブルメント」とは

都市課題をデジタルツインで解決する時代がすぐそこまで来ている

2020.09.30

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第50回

都市課題をデジタルツインで解決する時代がすぐそこまで来ている

SDGsを達成するためのICT活用“全球自律神経”とは?

2020.09.30

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第49回

SDGsを達成するためのICT活用“全球自律神経”とは?

“従業員への信頼”から始まるNTT ComのSmart Workstyleとは

2020.09.25

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第48回

“従業員への信頼”から始まるNTT ComのSmart Workstyleとは