NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

認証方式の変更のお知らせ
いまさら聞けない「2025年の崖」とは何か?
2020.01.31

エバンジェリストが解説「5分でわかるITトレンド」第1回

いまさら聞けない「2025年の崖」とは何か?

著者 林 雅之

 いま、国内の多くの企業がデジタル変革を図ろうという一方で、老朽化や複雑化、ブラックボックス化した既存の基幹システム(以下、レガシーシステム)への対応に大きな労力を強いられる、いわゆる「2025年の崖」に直面しています。

 しかし、多くの企業が「2025年の崖という言葉は耳にするが、具体的に何をすれば良いのか分からない」という課題を抱えています。

 本記事では、「2025年の崖」に精通するNTTコミュニケーションズエバンジェリストの林雅之氏が、DX実現シナリオや評価指標、データ活用やシステム選択など「2025年の崖」を克服するためのアクションプランを4回に分けて解説します。

・連載テーマ
<第1回>「2025年の崖」とは何か?
<第2回>「2025年の崖」を克服するためには?
<第3回>「2025年の崖」を超えるための評価指標(DX推進指標)とは
<第4回>「2025年の崖」を克服するためのシステム選択

「2025年の崖」は、なぜ起こるか

 自社の将来の成長、競争力強化のために新たなデジタル技術を活用し、ビジネス変革や新たなビジネスモデルを創出、柔軟に改変するデジタルトランスフォーメーション(DX)推進の必要性の意識が高まっています。しかし、DX推進の試みは見られるものの、多くはビジネス変革につながっていないのが現状です。

 背景には、国内企業の老朽化や複雑化、ブラックボックス化しているレガシーシステムの存在があります。ブラックボックス化は、自社システムの内部構造が複雑化し、自分自身で修正できない状態です。多くの企業でDXがビジネス変革につながっていないのは、ブラックボックス化の解明や新たな構築方法の検討などを、「自社の経営課題」として真正面から取り組まないまま時間が経過しているためです。

 「2025年の崖」とは、このようなレガシーシステムが残存した場合に想定される、国際競争への遅れや日本経済の停滞などを指す言葉です。経済産業省(以下、経産省)が発表した『DXレポート ~ITシステム「2025年の崖」克服とDXの本格的な展開~』 (以下、DXレポート)での指摘が話題となり、企業にとっては、自社がDXを推進し、グローバル競争力を高めていくための重要なテーマとなっているのです。

関連キーワード

SHARE

関連記事

データ分析の膨大な手間を“1クリック”で解決する方法がある

2021.01.15

これからの時代に求められるデータ利活用第8回

データ分析の膨大な手間を“1クリック”で解決する方法がある

経済産業省が「GビズID」で目指す“行政サービスの100%デジタル化”

2021.01.13

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第57回

経済産業省が「GビズID」で目指す“行政サービスの100%デジタル化”

デジタル変革、組織内での格差で生じる課題

2021.01.12

IT&ビジネス最新ニュース第96回

デジタル変革、組織内での格差で生じる課題

ゼロトラストで“リモートワークをオフィス並み”にセキュアにする方法

2021.01.08

セキュリティ対策に求められる新たな視点第20回

ゼロトラストで“リモートワークをオフィス並み”にセキュアにする方法

デジタル庁で日本のDXは変わるのか!?東大は「DX人材の育成事業」に乗りだす

2021.01.06

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第56回

デジタル庁で日本のDXは変わるのか!?東大は「DX人材の育成事業」に乗りだす

デジタル技術の急速な発展にも追従できるDX人材・DX組織とは?

2020.12.25

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第14回

デジタル技術の急速な発展にも追従できるDX人材・DX組織とは?

未来志向のセキュリティ、ゼロトラストも包含する「CARTA」

2020.12.24

IT&ビジネス最新ニュース第94回

未来志向のセキュリティ、ゼロトラストも包含する「CARTA」

松永エリック氏が語る“DXの本質”と“今後の情シスの役割”

2020.12.23

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第55回

松永エリック氏が語る“DXの本質”と“今後の情シスの役割”

2021年のデジタル変革を形作る8のトレンド

2020.12.22

IT&ビジネス最新ニュース第93回

2021年のデジタル変革を形作る8のトレンド

AIをどう使えば「利益」「成果」につながるのか?エバンジェリストが解説

2020.12.18

With/AfterコロナにおけるAI技術の可能性第5回

AIをどう使えば「利益」「成果」につながるのか?エバンジェリストが解説