NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

ビジネスをデジタル化する鍵は「音声」にあり
2020.03.26

アナログなビジネスをデジタルに変える第2回

ビジネスをデジタル化する鍵は「音声」にあり

著者 Bizコンパス編集部

DX化の鍵は「声」にある

 コンタクトセンター以外でも、AIやRPAだけではなく、音声を組み合わせることで、DX化を進めることも可能です。

 たとえば緊急時など、たくさんの相手に一斉に電話をかけたい際には、伝えたい内容をテキスト入力し、その内容をAIが音声に変換、指定の番号に自動で発信するということも可能になります。「Aさんは話し中、Bさんは応答」といったように、応答状況のレポート化、相手の応答内容のテキスト化もできるようになります。

 そのほかにも、日々作成する日報の入力作業を、電話で話しかけることで、AIが自動で文字に変換、記録するといった機能を持ったサービスもあります。このように、音声はDX化を推進する鍵といえそうです。

 DXは、何も遠い未来の話ではありません。現在普及しているAIやRPA、その他のデジタルツールを活用することで、我々の仕事環境を、もっと簡単に、もっと自由に変える可能性を秘めています。

 DXの効果が実感できていない企業も、まだDXに手を付けていない企業も、まずは現在の仕事環境で煩わしさを感じる部分からDX化を進めてみてはいかがでしょうか。

SHARE

関連記事

消費者はコロナ禍を経て、新たなデジタル顧客体験を求めている

2021.02.17

ニューノーマル時代に求められる顧客体験の設計第1回

消費者はコロナ禍を経て、新たなデジタル顧客体験を求めている

Afterコロナ時代に求められるオンライン営業とは?

2021.02.12

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第19回

Afterコロナ時代に求められるオンライン営業とは?

経済産業省が「GビズID」で目指す“行政サービスの100%デジタル化”

2021.01.13

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第57回

経済産業省が「GビズID」で目指す“行政サービスの100%デジタル化”

ニューノーマル時代に欠かせない“デジマのルール”とは

2020.09.25

これからの時代に求められるデータ利活用第5回

ニューノーマル時代に欠かせない“デジマのルール”とは

NTT ComがSmart CXで創る“新たな顧客接点”のカタチとは

2020.09.04

ニューノーマル時代におけるCXの新潮流第1回

NTT ComがSmart CXで創る“新たな顧客接点”のカタチとは

テレワーク化したコンタクトセンターは、コロナにも震災にも負けなかった

2020.09.02

いま求められる“顧客接点の強化”第30回

テレワーク化したコンタクトセンターは、コロナにも震災にも負けなかった