NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

ビジネスをデジタル化する鍵は「音声」にあり
2020.03.26

アナログなビジネスをデジタルに変える第2回

ビジネスをデジタル化する鍵は「音声」にあり

著者 Bizコンパス編集部

DX化の鍵は「声」にある

 コンタクトセンター以外でも、AIやRPAだけではなく、音声を組み合わせることで、DX化を進めることも可能です。

 たとえば緊急時など、たくさんの相手に一斉に電話をかけたい際には、伝えたい内容をテキスト入力し、その内容をAIが音声に変換、指定の番号に自動で発信するということも可能になります。「Aさんは話し中、Bさんは応答」といったように、応答状況のレポート化、相手の応答内容のテキスト化もできるようになります。

 そのほかにも、日々作成する日報の入力作業を、電話で話しかけることで、AIが自動で文字に変換、記録するといった機能を持ったサービスもあります。このように、音声はDX化を推進する鍵といえそうです。

 DXは、何も遠い未来の話ではありません。現在普及しているAIやRPA、その他のデジタルツールを活用することで、我々の仕事環境を、もっと簡単に、もっと自由に変える可能性を秘めています。

 DXの効果が実感できていない企業も、まだDXに手を付けていない企業も、まずは現在の仕事環境で煩わしさを感じる部分からDX化を進めてみてはいかがでしょうか。

SHARE

関連記事

ニューノーマル時代に欠かせない“デジマのルール”とは

2020.09.25

これからの時代に求められるデータ利活用第5回

ニューノーマル時代に欠かせない“デジマのルール”とは

NTT ComがSmart CXで創る“新たな顧客接点”のカタチとは

2020.09.04

ニューノーマル時代におけるCXの新潮流第1回

NTT ComがSmart CXで創る“新たな顧客接点”のカタチとは

テレワーク化したコンタクトセンターは、コロナにも震災にも負けなかった

2020.09.02

いま求められる“顧客接点の強化”第30回

テレワーク化したコンタクトセンターは、コロナにも震災にも負けなかった

最短10営業日で構築可能な「在宅コンタクトセンター」とは?

2020.07.29

いま求められる“顧客接点の強化”第28回

最短10営業日で構築可能な「在宅コンタクトセンター」とは?

コンタクトセンターの在宅勤務化を妨げる5つの課題を克服する

2020.06.26

AI時代を生き抜く「本物」のコールセンター運営法第17回

コンタクトセンターの在宅勤務化を妨げる5つの課題を克服する

この機を逃すな!コンタクトセンターの在宅勤務を進めるべき理由

2020.06.19

AI時代を生き抜く「本物」のコールセンター運営法第16回

この機を逃すな!コンタクトセンターの在宅勤務を進めるべき理由

東京無線は「電話がつながらない」機会損失をどう解決したのか?

2020.05.22

いま求められる“顧客接点の強化”第27回

東京無線は「電話がつながらない」機会損失をどう解決したのか?