Bizコンパス

ビジネスをデジタル化する鍵は「音声」にあり
2020.03.26

アナログなビジネスをデジタルに変える第2回

ビジネスをデジタル化する鍵は「音声」にあり

著者 Bizコンパス編集部

 AIやRPAといったデジタル技術を用いて、従来の業務プロセスやビジネスモデルを改革し、新商品、新サービスの開発を行うことを「デジタルトランスフォーメーション(以下、DX)」といいます。経済産業省が2018年に発表したレポートにて “2025年までにDXに乗り出さなければ、日本企業は生き残れない”という記述があったことから、ビジネスシーンで特に注目を集めているワードとなっています。

 DXについては、すでに多くの企業が、AIやRPAを導入するなどで、取り組みをスタートしています。しかしその一方で、効果が思うように出ていないケースもあるようです。

 DXをより推進するためには、どうすれば良いのでしょうか?「音声」を鍵にDX化が進みつつあるコンタクトセンターの現場から、そのヒントを探ります。

DX化の取り組みは進んでいるけれど、効果は薄い?

 DX化を推進する企業の数は、年々増えています。電通デジタルが2019年末、従業員数500人以上の国内企業所属者に対して行ったDXに関するアンケート調査によれば、すでにDXに着手している企業の割合は70%で、前年度調査よりも7%増加しているといいます。

 具体的な取り組みとしては、RPAを導入する企業が増えているようです。MM総研が2019年11月に公開した、年商50億円以上の国内企業1,021社に対するアンケート調査では、RPAの導入率が38%でした。これは2018年6月の前年度調査の22%よりも16ポイント高い数値となります。年商1,000億円以上の大手企業に限ると、導入率は51%と、半数以上がRPAを導入していることになります。

 AIについても導入率が高まっています。MM総研の同調査によれば、2019年11月時点のAI導入率は36%で、2018年6月の前年度調査の26%よりも10ポイント高くなっています。

 一方で、せっかくDXの取り組みをスタートしたにも関わらず、思うような効果が出ていない企業もあるようです。IDCが2019年7月、企業150社に対して行った調査では、「DXの売上/利益に対するインパクト」という問いに対し、「現時点ではDXによる売上/利益増加の効果は見えていない」とした回答は37.3%で、この設問では最も高い数値となりました。

 同設問では、「財務的なインパクトを測定していない」という回答も高い数値となっており、この2つの質問の割合を合わせると、半数の企業が、DXを推進しているにも関わらず、思うような結果が出ていない、というわけです。

SHARE

関連記事

音声認識とAIで「新人が即戦力になる」コンタクトセンターとは

2020.03.27

いま求められる“顧客接点の強化”第24回

音声認識とAIで「新人が即戦力になる」コンタクトセンターとは

コールセンターの業務量予測をより正確にする4つの評価手法

2020.03.13

AI時代を生き抜く「本物」のコールセンター運営法第14回

コールセンターの業務量予測をより正確にする4つの評価手法

DX先進企業のCDOが語る「データ活用の課題と展望」

2020.02.07

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第30回

DX先進企業のCDOが語る「データ活用の課題と展望」

コールセンターのサービスレベル達成には「スケジュール遵守率」が鍵

2020.01.28

AI時代を生き抜く「本物」のコールセンター運営法第13回

コールセンターのサービスレベル達成には「スケジュール遵守率」が鍵

中の人が語る、コールセンターがいつも「つながらない」理由

2020.01.09

コールセンターの現場から第3回

中の人が語る、コールセンターがいつも「つながらない」理由

人手もお金も足りなくても、コンタクトセンターは運営できる

2019.12.20

コールセンターの現場から第2回

人手もお金も足りなくても、コンタクトセンターは運営できる

26万人足りない! 外食業界の深刻な人手不足を「フードテック」で解決する

2019.12.13

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第24回

26万人足りない! 外食業界の深刻な人手不足を「フードテック」で解決する

単なる勤務表ではない!コールセンターの戦略的スケジューリング・マネジメント

2019.11.29

AI時代を生き抜く「本物」のコールセンター運営法第12回

単なる勤務表ではない!コールセンターの戦略的スケジューリング・マネジメント

顧客が自分自身で問題を解決できてしまう「CSM」とは?

2019.11.19

DXを加速させるITシステムの運用改革第15回

顧客が自分自身で問題を解決できてしまう「CSM」とは?

「コールセンターに人が集まらない!」はIVRとAIで解決できる

2019.10.31

コールセンターの現場から第1回

「コールセンターに人が集まらない!」はIVRとAIで解決できる