NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

ビジネスをデジタル化する鍵は「音声」にあり
2020.03.26

アナログなビジネスをデジタルに変える第2回

ビジネスをデジタル化する鍵は「音声」にあり

著者 Bizコンパス編集部

 AIやRPAといったデジタル技術を用いて、従来の業務プロセスやビジネスモデルを改革し、新商品、新サービスの開発を行うことを「デジタルトランスフォーメーション(以下、DX)」といいます。経済産業省が2018年に発表したレポートにて “2025年までにDXに乗り出さなければ、日本企業は生き残れない”という記述があったことから、ビジネスシーンで特に注目を集めているワードとなっています。

 DXについては、すでに多くの企業が、AIやRPAを導入するなどで、取り組みをスタートしています。しかしその一方で、効果が思うように出ていないケースもあるようです。

 DXをより推進するためには、どうすれば良いのでしょうか?「音声」を鍵にDX化が進みつつあるコンタクトセンターの現場から、そのヒントを探ります。

DX化の取り組みは進んでいるけれど、効果は薄い?

 DX化を推進する企業の数は、年々増えています。電通デジタルが2019年末、従業員数500人以上の国内企業所属者に対して行ったDXに関するアンケート調査によれば、すでにDXに着手している企業の割合は70%で、前年度調査よりも7%増加しているといいます。

 具体的な取り組みとしては、RPAを導入する企業が増えているようです。MM総研が2019年11月に公開した、年商50億円以上の国内企業1,021社に対するアンケート調査では、RPAの導入率が38%でした。これは2018年6月の前年度調査の22%よりも16ポイント高い数値となります。年商1,000億円以上の大手企業に限ると、導入率は51%と、半数以上がRPAを導入していることになります。

 AIについても導入率が高まっています。MM総研の同調査によれば、2019年11月時点のAI導入率は36%で、2018年6月の前年度調査の26%よりも10ポイント高くなっています。

 一方で、せっかくDXの取り組みをスタートしたにも関わらず、思うような効果が出ていない企業もあるようです。IDCが2019年7月、企業150社に対して行った調査では、「DXの売上/利益に対するインパクト」という問いに対し、「現時点ではDXによる売上/利益増加の効果は見えていない」とした回答は37.3%で、この設問では最も高い数値となりました。

 同設問では、「財務的なインパクトを測定していない」という回答も高い数値となっており、この2つの質問の割合を合わせると、半数の企業が、DXを推進しているにも関わらず、思うような結果が出ていない、というわけです。

SHARE

関連記事

消費者はコロナ禍を経て、新たなデジタル顧客体験を求めている

2021.02.17

ニューノーマル時代に求められる顧客体験の設計第1回

消費者はコロナ禍を経て、新たなデジタル顧客体験を求めている

Afterコロナ時代に求められるオンライン営業とは?

2021.02.12

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第19回

Afterコロナ時代に求められるオンライン営業とは?

経済産業省が「GビズID」で目指す“行政サービスの100%デジタル化”

2021.01.13

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第57回

経済産業省が「GビズID」で目指す“行政サービスの100%デジタル化”

ニューノーマル時代に欠かせない“デジマのルール”とは

2020.09.25

これからの時代に求められるデータ利活用第5回

ニューノーマル時代に欠かせない“デジマのルール”とは

NTT ComがSmart CXで創る“新たな顧客接点”のカタチとは

2020.09.04

ニューノーマル時代におけるCXの新潮流第1回

NTT ComがSmart CXで創る“新たな顧客接点”のカタチとは

テレワーク化したコンタクトセンターは、コロナにも震災にも負けなかった

2020.09.02

いま求められる“顧客接点の強化”第30回

テレワーク化したコンタクトセンターは、コロナにも震災にも負けなかった