Bizコンパス

“空気”に縛られた会社を変える、3つの条件
2020.01.17

日本企業を動かしている「空気」の正体第2回

“空気”に縛られた会社を変える、3つの条件

著者 柴田 昌治

調整文化の中で「考える力」を育てる

 ここでいう「“考える力”を鍛える」とは、「どうやるか」の手段を吟味、検討したり、うまくやるための手立てをあれこれ考えることではありません。以下のような「固定した正解のない問い」にしっかりと向き合い続けることでしか培われないのが考える力です。

・社員満足とはそもそも何のために必要なのか?
・互いの信頼関係というのは何なのか? それが必要だとするなら何のためか?
・そもそも働くことは何のためなのか?

 こうした問いに向き合って考えるということは、視野や時間軸を広げて全体となるものをつかみ、さまざまな立ち位置や角度から、物事の意味や目的、価値や文脈などを理解する能力を鍛えていく、ということです。残念ながら今の日本人は、こうした能力を一般的に(学校教育も含めて)あまり鍛える機会を持たないままに育ってきたのです。

 合理化思考が優先され「どうやるか」「先に結論ありき」の簡便な思考が身についた私たちが考える力を鍛えるためには、意味や目的と向き合い続ける挑戦文化の思考を意識しながら“実際に考え抜く”ことに意味を見出す、実感の持てる新たな体験を通じて習慣にしていく必要があります。そして、そのためには次の3点のような、考えるための環境条件が必要です。

SHARE

関連記事

本当に働き改革を進めたいならオフィスインテリアを変えるべし!

2020.02.25

失敗する働き方改革、成功する働き方改革第8回

本当に働き改革を進めたいならオフィスインテリアを変えるべし!

オフィス内で働き方改革を進めるなら「IoT」が良い

2020.02.19

失敗する働き方改革、成功する働き方改革第9回

オフィス内で働き方改革を進めるなら「IoT」が良い

有識者が明言「日本企業はRPAを全然使えていません」

2020.02.14

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第25回

有識者が明言「日本企業はRPAを全然使えていません」

“ロボットづくり”は本当に簡単なのか? RPAのリアル

2020.01.29

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第24回

“ロボットづくり”は本当に簡単なのか? RPAのリアル

交通費の立替払いはムダ!○○に変えれば年約5千時間の稼働が削減できる

2020.01.24

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第23回

交通費の立替払いはムダ!○○に変えれば年約5千時間の稼働が削減できる

面倒な「交通費精算」を、モバイルSuicaと連携して効率化する方法

2020.01.24

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第22回

面倒な「交通費精算」を、モバイルSuicaと連携して効率化する方法

会議のムダを削減したいなら、○○を自動化しよう!

2020.01.15

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第21回

会議のムダを削減したいなら、○○を自動化しよう!

いまさら聞けない、RPAの“基本”の話

2020.01.08

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第20回

いまさら聞けない、RPAの“基本”の話

「こんなはずじゃなかった」働き方改革、現場を活性化するツールとは?

2019.12.18

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第19回

「こんなはずじゃなかった」働き方改革、現場を活性化するツールとは?

日本企業の進化の足を引っぱる「調整文化」とは?“空気”で動く組織の限界

2019.12.17

日本企業を動かしている「空気」の正体第1回

日本企業の進化の足を引っぱる「調整文化」とは?“空気”で動く組織の限界

パソナ、グリー、ネットワンはServiceNowでどう窓口業務を改善したのか

2019.12.11

DXを加速させるITシステムの運用改革第17回

パソナ、グリー、ネットワンはServiceNowでどう窓口業務を改善したのか

「決められた場所で仕事する時代は終わった」Phone Appliの働き方改革

2019.12.04

失敗する働き方改革、成功する働き方改革第7回

「決められた場所で仕事する時代は終わった」Phone Appliの働き方改革