NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

“空気”に縛られた会社を変える、3つの条件
2020.01.17

日本企業を動かしている「空気」の正体第2回

“空気”に縛られた会社を変える、3つの条件

著者 柴田 昌治

調整文化の中で「考える力」を育てる

 ここでいう「“考える力”を鍛える」とは、「どうやるか」の手段を吟味、検討したり、うまくやるための手立てをあれこれ考えることではありません。以下のような「固定した正解のない問い」にしっかりと向き合い続けることでしか培われないのが考える力です。

・社員満足とはそもそも何のために必要なのか?
・互いの信頼関係というのは何なのか? それが必要だとするなら何のためか?
・そもそも働くことは何のためなのか?

 こうした問いに向き合って考えるということは、視野や時間軸を広げて全体となるものをつかみ、さまざまな立ち位置や角度から、物事の意味や目的、価値や文脈などを理解する能力を鍛えていく、ということです。残念ながら今の日本人は、こうした能力を一般的に(学校教育も含めて)あまり鍛える機会を持たないままに育ってきたのです。

 合理化思考が優先され「どうやるか」「先に結論ありき」の簡便な思考が身についた私たちが考える力を鍛えるためには、意味や目的と向き合い続ける挑戦文化の思考を意識しながら“実際に考え抜く”ことに意味を見出す、実感の持てる新たな体験を通じて習慣にしていく必要があります。そして、そのためには次の3点のような、考えるための環境条件が必要です。

SHARE

関連記事

With/Afterコロナの時代に、オフィスは不要か? 必要か?

2020.08.05

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第5回

With/Afterコロナの時代に、オフィスは不要か? 必要か?

Box社に聞く「オンラインがメイン、オフィスがサブ」の働き方とは?

2020.07.22

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第29回

Box社に聞く「オンラインがメイン、オフィスがサブ」の働き方とは?

「議事録作成」はどうすれば効率化できるのか?

2020.06.26

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第27回

「議事録作成」はどうすれば効率化できるのか?

テレワークの成否を分ける鍵は「経営者・管理職」が握っている

2020.06.10

テレワーク導入の“壁”を解決第9回

テレワークの成否を分ける鍵は「経営者・管理職」が握っている

なぜNTT Comは早期に全従業員の在宅勤務を実現できたのか

2020.06.05

テレワーク導入の“壁”を解決第8回

なぜNTT Comは早期に全従業員の在宅勤務を実現できたのか

世界的IT企業が集う街・シアトルの在宅勤務とは

2020.06.03

テレワーク導入の“壁”を解決第7回

世界的IT企業が集う街・シアトルの在宅勤務とは