NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

なぜ、NTT Comは「コンタクトセンター・アワード」を連覇できたのか
2020.02.07

コールセンターの現場から第4回

なぜ、NTT Comは「コンタクトセンター・アワード」を連覇できたのか

著者 Bizコンパス編集部

AIを育てるためには、現場の力が不可欠

 ともすれば、AIを導入すればさまざまな問題がすぐに解決されるというイメージがあるかもしれません。しかしカスタマーズフロントの取り組みで特筆すべき点は、最初はうまく機能しなかったAIを根気強く育て上げ、顧客接点の拡大や顧客満足度の向上などの成果につなげたことにあります。

 同センターでは、今後もAIなどの最先端技術を活用したコンタクトセンター改革を進めていく計画です。しかし、AIがオペレーターの職を奪うことはないと考えています。

 たとえAIが広い範囲の定型業務を代替するようになっても、問い合わせをする顧客が人である以上、人ならではの想像力を生かした温度感のあるオペレーターの応対力は今後も求められ続けます。

 さらに今後コンタクトセンターのAI化を進めるためには、そのための人材育成が欠かせません。オペレーションスキルを持ちながらも、AIを育てるスキルがある人材が求められるようになるため、AIと人間の共存は今後ますます進んでいくことでしょう。

 NTT Comでは、今回紹介したように、自社のコンタクトセンターで自社サービスを活用してDXへのチャレンジを行い、現場レベルでの知見やノウハウの蓄積を続けています。コンタクトセンター運営に課題を感じている場合は一度、問い合わせをしてみてはいかがでしょうか。

SHARE

関連記事

コンタクトセンターはAIで“さらに”重要な顧客接点に進化している

2019.09.18

いま求められる“顧客接点の強化”第20回

コンタクトセンターはAIで“さらに”重要な顧客接点に進化している

AIコンタクトセンターなら「業務効率化と顧客満足度の向上」を両立できる

2019.08.23

いま求められる“顧客接点の強化”第17回

AIコンタクトセンターなら「業務効率化と顧客満足度の向上」を両立できる

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

2021.06.16

セキュリティ対策に求められる新たな視点第24回

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

JALは新しいナレッジシステムで、次世代のコンタクトセンターを目指す

2021.06.11

いま求められる“顧客接点の強化”第36回

JALは新しいナレッジシステムで、次世代のコンタクトセンターを目指す

早大IT戦略研究所 根来龍之氏 「日本の大企業だけがDXに後れを取っているわけではない」

2021.06.04

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第67回

早大IT戦略研究所 根来龍之氏 「日本の大企業だけがDXに後れを取っているわけではない」

企業の価値を高める「SX」とは何か?有識者が解説

2021.06.02

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第66回

企業の価値を高める「SX」とは何か?有識者が解説

AIが営業のネクストアクションを示唆! 〇〇〇で営業の生産性向上を目指す

2021.05.28

これからの時代に求められるデータ利活用第10回

AIが営業のネクストアクションを示唆! 〇〇〇で営業の生産性向上を目指す

エンジニアを、繰り返し作業から解放しよう!インフラ試験の自動化への挑戦

2021.05.21

DXを加速させるITシステムの運用改革第40回

エンジニアを、繰り返し作業から解放しよう!インフラ試験の自動化への挑戦