NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

中の人が語る、コールセンターがいつも「つながらない」理由
2020.01.09

コールセンターの現場から第3回

中の人が語る、コールセンターがいつも「つながらない」理由

著者 鎌田 知子

 コールセンターに電話をすると、なかなかつながらない、音声アナウンスに「現在大変込み合っておりつながりにくい状態となっています。」といわれ、イライラしたり、電話をあきらめたりした経験を持つ方は多くいるでしょう。

 コールセンターにつながらないのは、オペレーター不足が大きな原因ではありますが、それ以外にもさまざまな要因が重なっている場合があります。

 今回は、コールセンターが「つながらない」実情と、その問題をAIなどのテクノロジーを用いて解消する方法を、かつてコールセンターに務めていた“中の人”が解説します。

つながらない理由その1:オペレーター不足とスキルの問題

 コールセンターに電話してもなかなかつながらない理由の一つとして、常にリソースが足りないという現状があります。

 アルバイトやパートタイマーが多いコールセンターの場合、時間帯や曜日によっては、オペレーターの数が足りないことも少なくありません。その際には、SV(スーパーバイザー)やマネージャーから出勤できないか打診されることもあります。早朝や深夜、年末年始など、スタッフが不足しがちな際には、センター内で特別に時給が上がることもあります。

 コールセンターの仕事は、ただ顧客の声を聴くだけではありません。こちらの質問に対して、世間話をする方や、長い時間待たされていることから感情的になっている方もいます。スムーズに会話運びができるよう、スクリプト(台本)を手元に置き、メモを取ったり、パソコンに入力したりしながらコール内容を把握しようと努めても、シナリオ通りに会話が運ばないケースも発生します。

 しかも、コールセンターのスタッフは、必ずしもスキルに長けた人材ばかりではありません。たとえばスキルが低いオペレーターの場合、スムーズな会話運びができなかったり、コール内容を入力するのにかなりの時間がかかってしまうケースもあります。

SHARE

関連記事