NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

オフィス内で働き方改革を進めるなら「IoT」が良い
2020.02.19

失敗する働き方改革、成功する働き方改革第9回

オフィス内で働き方改革を進めるなら「IoT」が良い

著者 Bizコンパス編集部

「空いているか、使用中か」を人感センサーで見張る

 このような、会議室やフリースペース席の利用状況を可視化するソリューションは、すでにサービスとしてリリースされています。たとえば、NTTコミュニケーションズ株式会社(NTT Com)が提供しているのが、「Akidoko?」および「Akidoko? for Room」です。

 Akidoko?は、テーブルの天板裏に人感センサーを取り付けることで人を検知し、テーブルの利用状態をリアルタイムで把握します。オフィスのフリースペース席、あるいはカフェテラスなど、オフィス内の設備の利用状況を可視化します。

 もう一方のAkidoko? for Roomは、人感センサーを会議室の天井に取り付けることで、会議室内に人がいるかいないかを検知し、会議室の利用状況を可視化するソリューションです。会議室予約システムとも連携でき、予約されているにもかかわらず人がいない場合には、予約を自動でキャンセルするといったことも可能です。

 NTT Comでは、こうしたIoTサービスを利用するためのIoTプラットフォームとして「Things Cloud」も提供しています。Things Cloudでは多数のIoTデバイスが接続でき、即日使用可能なソフトウェアのライブラリも搭載しています。

SHARE

関連記事

DX部門を立ち上げたらどうなるのか?実際の企業に見る、DXの理想と現実

2020.11.20

これからの時代に求められるデータ利活用第7回

DX部門を立ち上げたらどうなるのか?実際の企業に見る、DXの理想と現実

従業員を固定電話から解放、第一生命の“スマホで加速する”働き方改革

2020.11.20

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第30回

従業員を固定電話から解放、第一生命の“スマホで加速する”働き方改革

コロナ後の社会に求められるデジタル変革とは?ServiceNow Japan社長が語る

2020.11.04

DXを加速させるITシステムの運用改革第32回

コロナ後の社会に求められるデジタル変革とは?ServiceNow Japan社長が語る

DX推進の軸となる「データレイク」とは?データウェアハウスとの違いは?

2020.10.14

これからの時代に求められるデータ利活用第6回

DX推進の軸となる「データレイク」とは?データウェアハウスとの違いは?