NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

本当に働き改革を進めたいならオフィスインテリアを変えるべし!
2020.02.25

失敗する働き方改革、成功する働き方改革第8回

本当に働き改革を進めたいならオフィスインテリアを変えるべし!

著者 河野 ゆみこ

 近年の働き方改革の影響で、時間や場所にとらわれない多様な働き方をめざす「テレワーク」や「ノマドワーク」というスタイルが注目を集めています。とはいえ、事務職やエンジニア職など、オフィスに通勤して業務を進めている人が圧倒的に多いのが現実です。

 つまり、いくらテレワークがしやすくなったとはいえ、オフィスそのものが就労者の生産性やモチベーションを向上させる形に変わっていかなければ、真の働き方改革は進まないでしょう。

 そこで今回は、オフィスインテリアの視点から働き方改革を推進していくために、具体例を挙げながらその方法を考えていきます。

従業員のことを考えたレイアウトになっているか?

 長時間オフィスで過ごす事務職の社員にとって、オフィスインテリアの使いやすさは重要です。疲れにくいオフィスチェアやパソコンのモニターがほどよい高さにキープできるデスク、書類を整理しやすい書棚などは、仕事の効率がよくなる効果があります。同じ勤務時間でもこなせる業務量が増るため、残業を減らせます。

 社内のレイアウトが社員が動きやすいレイアウトになっていることも外せない要素です。十分な幅の通路が確保できていないと、通りにくいだけでなく、すぐ後ろを他の社員に行き来されることで業務に集中できません。加えて、ミーティングスペースから遠い場所に資料棚があり毎回持ち運ぶのが大変だったり、正面に座っている他の社員と何かと視線が合うと気づまりしてしまうといったケースも多く見られます。

 余裕のある通路幅を確保する、動線が短くなるようにデスクや棚を配置する、心理的なプレッシャーがかからないようパーテーションなどでほどよく間仕切りをする、といったレイアウトの工夫は必要でしょう。

 意外と忘れがちなのが「照明」です。オフィス内が明るいのは大切ですが、オフィス用照明でよくある青白い光はいかにも人工的で冷たい印象です。

 最近は温白色というやわらかで明るい光を出す照明器具があります。オフィスの天井照明を交換するだけでもオフィス内の雰囲気がぐんと変わり、リラックスして仕事ができるようになります。

関連キーワード

SHARE

関連記事

従業員を固定電話から解放、第一生命の“スマホで加速する”働き方改革

2020.11.20

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第30回

従業員を固定電話から解放、第一生命の“スマホで加速する”働き方改革

コロナ後の社会に求められるデジタル変革とは?ServiceNow Japan社長が語る

2020.11.04

DXを加速させるITシステムの運用改革第32回

コロナ後の社会に求められるデジタル変革とは?ServiceNow Japan社長が語る

“集まれない”入学式をライブ配信、公立中学校の挑戦に迫る

2020.10.02

「教育」をデジタルで変える第1回

“集まれない”入学式をライブ配信、公立中学校の挑戦に迫る

“従業員への信頼”から始まるNTT ComのSmart Workstyleとは

2020.09.25

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第48回

“従業員への信頼”から始まるNTT ComのSmart Workstyleとは

サイボウズの「100人100通り」の働き方はどうやって生まれたのか

2020.09.16

共創によるビジネスイノベーション第3回

サイボウズの「100人100通り」の働き方はどうやって生まれたのか

テレワーク化したコンタクトセンターは、コロナにも震災にも負けなかった

2020.09.02

いま求められる“顧客接点の強化”第30回

テレワーク化したコンタクトセンターは、コロナにも震災にも負けなかった

製造業の現場は、オンラインのみで成り立つのか?

2020.08.28

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第7回

製造業の現場は、オンラインのみで成り立つのか?