NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

DevOpsとITILは両立できるか?
2020.04.02

新しいITサービスの品質改善の指針が登場第5回

DevOpsとITILは両立できるか?

著者 吉田 俊雄

DevOpsとITIL4は両立できる

 それではITIL4も、DevOpsと両立できるのでしょうか。

 昨年公開されたITIL4ではDevOpsの要素を数多く取り入れています。たとえば、ITIL4の中心要素である「バリューストリーム」という考え方は、DevOpsで提唱されているものです

 さらに、「フィードバックをもとに反復して進化する」「協働し可視性を高める」「最適化し、自動化する」など従うべき原則の要素のほとんども、DevOpsが由来です。

※筆者注:DevOpsにはひとつのまとまったリファレンスが存在しないため、書籍「DevOpsハンドブック 理論・原則・実践のすべて」を参照にして説明しています。

 しかし、ITIL4とDevOpsでは、その扱い方が少し異なっています。

 前述のようにDevOpsは技術寄りのアプローチであるため、開発・運用の視点から、技術論を中心にまとめています。

 一方、ITIL4は、過去の記事で説明してきたように、ITサービスではなく「IT対応サービス」を対象としているため、ビジネス寄りのアプローチとなっています。そのため、包括的な概念の説明が中心で、技術論的な説明はあまりありません。

 したがって、ITを活用したビジネスを行っている立場の方、もしくはビジネス側の業務要件を整理するにはITIL4が有益であり、開発・運用等のIT技術の立場では、DevOpsが有益である、ということがいえます。

 まとめると、DevOpsとITIL4は、性質は違えど、ビジネスシーンにおいては両立できる概念であると考えられます。価値あるITサービスを提供していくためには、DevOpsとITILの違いや本質を理解し、必要とするものを自組織のノウハウとして取り入れていくべきだと思います。

※ITIL(R)は英国AXELOS Limitedの登録商標です。

※掲載している情報は、記事執筆時点(2020年4月1日)のものです。

関連キーワード

SHARE

関連記事

サービスナウのCEOが語る「ワークフロー革命」

2020.06.18

IT&ビジネス最新ニュース第25回

サービスナウのCEOが語る「ワークフロー革命」

DevSecOpsの現状、開発チームの役割に変化–GitLab調査

2020.06.02

IT&ビジネス最新ニュース第20回

DevSecOpsの現状、開発チームの役割に変化–GitLab調査

ServiceNow教育プログラムは「自社でITSMスペシャリストを育てられる」

2020.05.29

DXを加速させるITシステムの運用改革第28回

ServiceNow教育プログラムは「自社でITSMスペシャリストを育てられる」

「ServiceNow」を使いたかったけどインターネット接続が不安という企業に朗報

2020.05.20

DXを加速させるITシステムの運用改革第26回

「ServiceNow」を使いたかったけどインターネット接続が不安という企業に朗報