NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

DevOpsとITILは両立できるか?
2020.04.02

新しいITサービスの品質改善の指針が登場第5回

DevOpsとITILは両立できるか?

著者 吉田 俊雄

 このところ、開発や運用の現場では、「ITIL」と「DevOps(デブオプス)」という2つの考え方が注目を集めています。

 ITILとは、ITサービスマネジメントのベストプラクティス(最も効率のよい技法)を集めたフレームワークのこと。一方のDevOpsとは、開発者と運用者が、ツールを使って密接に連携し、柔軟かつスピーディーにシステムを開発することを指します。

 いずれも、効率よく開発・運用を進めるための考え方ですが、この両者にはどのような違いがあるのでしょうか? たとえば、両方の“良いとこ取り”といったこともできるのでしょうか?

 今回の記事では、過去の連載でも取り上げたITILの振り返りも含めて、DevOpsとITILの関係について説明したいと思います。

※文中ではこれまでのバージョンのITILとITIL4を区別するため、これまでのバージョンをITIL(V3)と記述しております、ITILとだけ書かれているものは、バージョンの区別なくITIL全般のことを指しています。

そもそもDevOps・ITILにはどんな違いがあるのか?

 DevOpsは、開発と運用の境目をあいまいにして、両者が連携して協力する開発手法です。そのため、ITサービス全般の管理のベストプラクティスであるITIL(V3)とは相反するものであり、対立する、という意見を持っている人も見られます。

 そうした“DevOpsとITILは相容れない派”の意見を総合してみると、だいたい以下のような感じになります。

 “ITIL(V3)は、ITサービスの開発運用全般を網羅しているが、プロセス品質向上を目的としたウォータフォール型のアプローチである。それに対して、DevOpsはアジャイルから発展したスピード重視の手法である。”

 つまり、ウォータフォール型のシステムの開発・運用はITIL(V3)、アジャイル型のシステムの開発・運用はDevOpsが向いている。よって、両者は両立することはできない、相反する概念だ、ということかと思います。

 しかし一方で、ITIL4の登場によって、両者の違いがなくなってきた、という声も聞かれます。具体的には「ITILがDevOpsに追従してきた」という話を聞くことも多々あります。

 一体、どれが正解なのでしょうか?

関連キーワード

SHARE

関連記事

コロナ後の社会に求められるデジタル変革とは?ServiceNow Japan社長が語る

2020.11.04

DXを加速させるITシステムの運用改革第32回

コロナ後の社会に求められるデジタル変革とは?ServiceNow Japan社長が語る

6割超の企業がマルチクラウド。どのように管理すべきなのか

2020.08.21

DXを加速させるITシステムの運用改革第29回

6割超の企業がマルチクラウド。どのように管理すべきなのか

ServiceNow教育プログラムは「自社でITSMスペシャリストを育てられる」

2020.05.29

DXを加速させるITシステムの運用改革第28回

ServiceNow教育プログラムは「自社でITSMスペシャリストを育てられる」

「ServiceNow」を使いたかったけどインターネット接続が不安という企業に朗報

2020.05.20

DXを加速させるITシステムの運用改革第26回

「ServiceNow」を使いたかったけどインターネット接続が不安という企業に朗報

AWS導入を成功させるには、3つのフェーズの攻略がカギ

2020.04.03

DXを加速させるITシステムの運用改革第20回

AWS導入を成功させるには、3つのフェーズの攻略がカギ

バラバラなITシステムは、ServiceNowのCMDBで効率的に管理できる

2020.03.26

DXを加速させるITシステムの運用改革第19回

バラバラなITシステムは、ServiceNowのCMDBで効率的に管理できる

「サイバー攻撃から24時間体制で守る運用」をアウトソース!?その効果とは

2020.03.11

セキュリティ対策に求められる新たな視点第14回

「サイバー攻撃から24時間体制で守る運用」をアウトソース!?その効果とは