Bizコンパス

ビジネスに貢献するITサービスマネジメントとは?
2019.12.26

新しいITサービスの品質改善の指針が登場第4回

ビジネスに貢献するITサービスマネジメントとは?

著者 吉田 俊雄

利用者も近視眼的になっている

 とはいえ、たとえIT担当者が広い視野をもっていたとしても、その周囲の人々が狭い視野を持っている、というのはよくあることです。

 筆者がシステム導入に伴う要件定義などのコンサルティングをおこなっていたころに感じていたのが、ITサービスの利用者側も、自分の担当する業務しか見ていない場合が多く近視眼的になっているということです。

 つまり、普段行っている業務のやり方が全てで、「こうしなくてはいけない」という固定概念にとらわれているため、別の仕事のやり方を否定されることが多々ありました。

 前回の記事で書いた「ボタンの色を今までのシステムに合わせる」というカスタマイズ要求があがってくるのは、これが理由でしょう。

 もちろん、「この仕事が自分の仕事だ」と指示をうけて仕事をしている人としては、当然の発想なのかもしれません。

 しかしIT担当者は、その組織の業務全体の流れを見ているため、「この業務をおこなうにはこういう方法でも可能だ」「こっちのやり方の方が効率的だ」ということを薄々気づいていることが多々あるかと思います。

 ここに今後のIT担当者の存在意義があると筆者は考えます。

 つまり、全体最適の視点で業務全般を見渡せるのが、IT担当者です。

 前述のITIL4の従うべき原則の中に、「包括的に考え、取り組む」というものがあります。これができるのが、まさにIT担当者なのです。

関連キーワード

SHARE

関連記事

サービスナウのCEOが語る「ワークフロー革命」

2020.06.18

IT&ビジネス最新ニュース第25回

サービスナウのCEOが語る「ワークフロー革命」

DevSecOpsの現状、開発チームの役割に変化–GitLab調査

2020.06.02

IT&ビジネス最新ニュース第20回

DevSecOpsの現状、開発チームの役割に変化–GitLab調査

ServiceNow教育プログラムは「自社でITSMスペシャリストを育てられる」

2020.05.29

DXを加速させるITシステムの運用改革第28回

ServiceNow教育プログラムは「自社でITSMスペシャリストを育てられる」

「ServiceNow」を使いたかったけどインターネット接続が不安という企業に朗報

2020.05.20

DXを加速させるITシステムの運用改革第26回

「ServiceNow」を使いたかったけどインターネット接続が不安という企業に朗報