NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

「Zoom」のセキュリティ(前編)何が問題だったのか?
2020.07.30

今知っておきたいITセキュリティスキルワンランクアップ講座第22回

「Zoom」のセキュリティ(前編)何が問題だったのか?

著者 北河 拓士

 新型コロナウイルス対策による外出制限やテレワークへの移行により、Web会議システムの需要が世界的に拡大しています。

 なかでも、米Zoom Video Communications社が提供する「Zoom」は、ユーザー登録することなく無料で会議に参加できるハードルの低さや、バーチャル背景といった豊富な機能、接続の安定性の高さなどから人気を集めており、2019年12月時点で約1000万人だった1日あたりの会議参加者が2020年4月には約3億人に達するなど、利用者が急増しています。

 J.D. パワー社が2020年4月に行った「テレワーク下におけるWEB会議利用に関する日米調査」によると、仕事で使用するWeb会議システムは、日本では、1位Zoom(30%)、2位Skype(25%)、3位Teams(16%)。米国では、1位Zoom(48%)、2位Teams(12%)となっており、日米ともに「Zoom」がテレワークで最も利用されるWeb会議システムとなっています。

 その一方で、「Zoom」に関してはさまざまなセキュリティ問題が指摘されており、一部の政府機関や企業では「Zoom」の利用を禁止する動きも広まりました。

 「Zoom」にはどのようなセキュリティ問題があったのでしょうか。前編、中編、後編の3回に分けて解説します。

「Zoom」のセキュリティ問題

 「Zoom」人気が急速に高まったことで、攻撃者の注目を集め、研究者もそのセキュリティを精査しはじめました。その結果、最近になって「Zoom」のセキュリティ問題が相次いで報告されるようになりました。

 「Zoom」のセキュリティ問題は大きく以下の3つに分けられます。

1. 部外者が会議に乱入して迷惑行為を行う「Zoom Bombing(Zoom爆弾)」問題
2. 「Zoom」の暗号化に関わる問題
3. 「Zoom」アプリなどに報告されている脆弱性やプライバシーの問題

 これらについて順に解説していきます。

SHARE

関連記事

ランサムウェア攻撃の経験から何を学ぶか–ソフォス調査

2020.11.30

IT&ビジネス最新ニュース第83回

ランサムウェア攻撃の経験から何を学ぶか–ソフォス調査

With/Afterコロナのネットワークを支える「エッジコンピューティング」とは

2020.11.18

ニューノーマル時代のネットワーク技術革新第3回

With/Afterコロナのネットワークを支える「エッジコンピューティング」とは

プロが解説、Web会議で成果を出すためのファシリテーション術とは?

2020.11.11

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第29回

プロが解説、Web会議で成果を出すためのファシリテーション術とは?

NFLabs.に聞く「セキュリティのトップガン人材」の育て方

2020.11.11

セキュリティ対策に求められる新たな視点第17回

NFLabs.に聞く「セキュリティのトップガン人材」の育て方

ニューノーマル時代に必要なサイバーセキュリティとは?

2020.11.06

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第11回

ニューノーマル時代に必要なサイバーセキュリティとは?

アフターコロナ時代のITインフラは「SASE」がカギを握っている

2020.10.30

DXを加速させるITシステムの運用改革第31回

アフターコロナ時代のITインフラは「SASE」がカギを握っている

通信の“異常”から見る新しいAIマネージドソリューションとは

2020.10.23

セキュリティ対策に求められる新たな視点第16回

通信の“異常”から見る新しいAIマネージドソリューションとは

“集まれない”入学式をライブ配信、公立中学校の挑戦に迫る

2020.10.02

「教育」をデジタルで変える第1回

“集まれない”入学式をライブ配信、公立中学校の挑戦に迫る

コロナ禍で不可逆的に変化するマーケティングイベント

2020.10.01

IT&ビジネス最新ニュース第60回

コロナ禍で不可逆的に変化するマーケティングイベント