NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

顧客に会えない時代に、どうすれば商談を作れるのか?
2021.03.19

ニューノーマル時代におけるCXの新潮流第3回

顧客に会えない時代に、どうすれば商談を作れるのか?

著者 Bizコンパス編集部

 新型コロナウイルスの影響により、顧客に直接会うことが困難な時期が続いています。従来のような顧客のオフィスに足繁く通い、受注を勝ち取るといった営業手法が通用しなくなりつつあります。

 そのため、すでに多くの企業では、セミナーやウェビナー、展示会への出展などといった取り組みが一般化しつつあります。デジタルマーケティングを意識してWebサイトをリニューアルしたり、MA(マーケティングオートメーション)やSFA(営業支援システム)、CRM(顧客関係管理)を導入している企業も少なくないでしょう。

 そもそも、従来の対面や人間関係、もしくは購入したリストのみに頼った営業は効率が悪く、また時間や距離というハードルがありました。コロナ禍の現在であればなおさらです。一方、デジタルマーケティングであれば、検討初期段階の顧客にリーチすることや、時間や距離の制約を受けずに、オンラインでリードを獲得することが可能になります。

 しかし、企業のデジタルマーケティングを支援するNTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社の古海寛氏は「多くの企業が“ある目的”を共有できていないためにデジマが成果につながっていない」と語ります。

 どうすれば商談につながるデジタルマーケティングができるのでしょうか。古海氏に聞きます。

デジマは、営業をデジタルに置き換えるものではない

 コロナの影響もあり、あらゆる業界の企業からデジタルマーケティングについての問い合わせをいただきます。中でも最近で増えているのは、「デジタルマーケティングに取り組んでいるが思うような成果が出ない」というものです。

 そういったデジタルマーケティングのメリットを生かすために意識しておきたのが、営業をデジタルに置き換えるのではなく、営業とデジタルの両輪で業績向上を図るためのものであるということです。デジタルマーケティングは業務プロセスを最適化することでビジネス機会を最大化することが狙いだからです。

NTTコム オンライン・
マーケティング・ソリューション
株式会社
営業部
古海寛氏

 しかし、「デジマで成果が出ない」という企業の大半が、「ウェビナーは営業部でKPIは参加者数」「メルマガはマーケ部でKPIは開封率とクリック数」「Webサイトは広報部でKPIは自然流入数」というように、同じようにデジタルチャネルでのマーケティングをしているのに、それぞれの部門がバラバラの目的で動いているのです。

 逆に言えば、こうした取り組みを「つなぎ合わせる」ことで、さまざまな取り組みを単独で行うよりも、有望な商談につながるようになります。デジタルマーケティングで成果を出すためのポイントは、すべての施策を「商談を獲得する」という目的でつなぐことだと言えます。

SHARE

関連記事

データサイエンティストに求められる3つの能力とは

2021.04.02

注目を集める「データサイエンティスト」の将来第1回

データサイエンティストに求められる3つの能力とは

デジタル×リアルで新しい顧客体験を創り出すプロセスとは

2021.03.24

ニューノーマル時代に求められる顧客体験の設計第3回

デジタル×リアルで新しい顧客体験を創り出すプロセスとは

コロナ禍だからこそできる、バーチャルな体験で集客する方法

2021.03.19

ニューノーマル時代におけるCXの新潮流第4回

コロナ禍だからこそできる、バーチャルな体験で集客する方法

今こそ営業戦略にあったデジタルマーケティングを!NTT Comデジマ事例

2021.03.19

ニューノーマル時代におけるCXの新潮流第2回

今こそ営業戦略にあったデジタルマーケティングを!NTT Comデジマ事例

デジタルとリアルを掛け合わせれば、顧客体験の価値は最大化できる

2021.03.12

ニューノーマル時代に求められる顧客体験の設計第2回

デジタルとリアルを掛け合わせれば、顧客体験の価値は最大化できる

消費者はコロナ禍を経て、新たなデジタル顧客体験を求めている

2021.02.17

ニューノーマル時代に求められる顧客体験の設計第1回

消費者はコロナ禍を経て、新たなデジタル顧客体験を求めている

Afterコロナ時代に求められるオンライン営業とは?

2021.02.12

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第19回

Afterコロナ時代に求められるオンライン営業とは?