NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

コロナ禍だからこそできる、バーチャルな体験で集客する方法
2021.03.19

ニューノーマル時代におけるCXの新潮流第4回

コロナ禍だからこそできる、バーチャルな体験で集客する方法

著者 Bizコンパス編集部

バーチャルな体験は、リアルな体験の呼び水になる

 これらの取り組みを通じて、我々スマートカスタマーエクスペリエンス推進室は、異業種間のデータ連携が行えるB2B2Cの環境をつくり、企業、その先の利用者を広く巻き込むことを狙っています。

 より多くの利用者を巻き込むには、パーソナライズの“さじ加減”も重要です。あまりにも的確なレコメンドは「なぜそこまで把握できているのか?」と、ときに利用者を怖がらせてしまう恐れがあります。情報に対する考え方は国や文化によって異なりますので、将来的には、日本人はもちろん、さまざまな文化や価値観を持つ世界の国々の人にとっても適したローカライゼーションを目指して研究も進めています。

 現在のトライアルは日本のみで行っていますが、今後は日本に興味を持つ海外の方がアクセスできるエリアをつくる構想もあります。バーチャルで日本の魅力を知れば、リアルで訪ねたくなる動機づけになるでしょう。いくらバーチャルで高度な観光体験ができても、まだまだリアルには及びません。実際に観光地やお店を訪ねたいという人間の性分は、バーチャルをリアルに引っ張る“呼び水”になると考えています。

 現在、コロナ禍でリアル店舗の変化が急務となる中、ともすれば新しいバーチャルの施策は表層的に映るかもしれません。しかしバーチャルでしか可視化できないデータが存在するのは事実であり、それらのデータを活用して、私たちは新たな顧客接点の取り組みへのトライを続けていきます。

 今後はAIや5Gの普及、VR用ヘッドマウントディスプレイなども進化し、バーチャルとリアルの世界の融合は加速していくでしょう。私たちは企業の業種の壁を超えて結び、顧客接点を拡大するテクノロジー開発に取り組んでいきます。もし興味を持たれたら、スマートカスタマーエクスペリエンスのサイトをご覧いただければと思います。

SHARE

関連記事

JALは新しいナレッジシステムで、次世代のコンタクトセンターを目指す

2021.06.11

いま求められる“顧客接点の強化”第36回

JALは新しいナレッジシステムで、次世代のコンタクトセンターを目指す

早大IT戦略研究所 根来龍之氏 「日本の大企業だけがDXに後れを取っているわけではない」

2021.06.04

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第67回

早大IT戦略研究所 根来龍之氏 「日本の大企業だけがDXに後れを取っているわけではない」

AIが営業のネクストアクションを示唆! 〇〇〇で営業の生産性向上を目指す

2021.05.28

これからの時代に求められるデータ利活用第10回

AIが営業のネクストアクションを示唆! 〇〇〇で営業の生産性向上を目指す

AI企業のCEOが語る「AIの精度が低くても、ビジネスシーンでは意外と使える」

2021.05.27

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第29回

AI企業のCEOが語る「AIの精度が低くても、ビジネスシーンでは意外と使える」

新規事業立ち上げ時に考えるべき4箇条

2021.05.27

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第28回

新規事業立ち上げ時に考えるべき4箇条

咳の音でコロナ感染が分かるアプリが登場

2021.05.24

シリコンバレー通信第37回

咳の音でコロナ感染が分かるアプリが登場

ドコモに聞く、対話AIはいまどこまで進化しているのか

2021.05.18

新しいテクノロジーの波第6回

ドコモに聞く、対話AIはいまどこまで進化しているのか

人手不足で負担増…コンタクトセンターの問題は「音声認識」で解決する

2021.05.14

いま求められる“顧客接点の強化”第35回

人手不足で負担増…コンタクトセンターの問題は「音声認識」で解決する