NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

【重要】「Bizコンパス」サイトリニューアルのお知らせ
産官学で「イノベーター人財」をどう育てるか–Edvation x Summit 2020で東大やイトーキが議論
2020.12.01

IT&ビジネス最新ニュース第84回

産官学で「イノベーター人財」をどう育てるか–Edvation x Summit 2020で東大やイトーキが議論

 国内の教育イノベーションを加速させることを目的としたEdTechグローバルカンファレンスイベント「Edvation x Summit 2020 Online」が11月3日から5日にかけて開催された。「Edvation(エドベーション)」とは「Education(教育)」と「Innovation(革新)」を掛けた造語で、テキサス・オースティンで毎年開催される世界最大のEdTechをテーマにした国際カンファレンス「SXSW EDU(サウスバイサウスウエスト・イーディーユー)」をきっかけに2017年より開催されている。

 2020年は重点テーマとして「GIGAスクール構想」「自治体、学校の取り組み」「STEAM教育」「個別最適化」が取り上げられ、国内外から幅広い関係者が登壇した。ここではその中から11月5日に行われた「『ネクストノーマル、世界基準のイノベーター人財育成に向けて』〜産官学で取り組むイノベーション・エコシステムへの取組みとは〜」の内容を紹介する。司会進行はイトーキ 先端研究統括部 統括部長の大橋一広氏が務めた。

 教育界のDX(デジタルトランスフォーメーション)が加速し、新サービスの創出や複雑な社会課題に対応するスキルが急速に求められている。本セッションではテクノロジーを活用して“イノベーション人財”をどのように育成するかについて、産官学の有識者により意見が交わされた。

 まず、文部科学省出身で東京大学 経営企画部長を務める西山崇志氏は、産学両方の立場から、大学が新型コロナウイルスの影響でどのように変わろうとしているのかを紹介した。

 「全世界の大学で経営がリセットされDXが加速している。東大でも10年以上かけてできなかった講義のオンライン化が一変して実現し、先行する海外の大学を追い抜くチャンスが訪れている。今後授業はオンラインとリアルのハイブリッドが標準になり、質の高いオンライン知育ができるようになるだろう」(西山氏)

 大学教育を大きく変えるには、デジタルキャンパス化と大学環境の変化の2段階でDXが必要だとも説明する。具体的な取り組みとして、文科省が実施する大学教育のデジタライゼーションを目指すイニシアティブ「Scheem-D(スキーム・ディー)」を紹介。UI(ユーザーインターフェイス)とUX(ユーザーエクスペリエンス)の視点を取り入れ、EdTechのスタートアップと連携するなど民間と一緒に本格化する。

 人財育成についても、政府がAI戦略で力を入れるデータサイエンス教育を実現するため、先生の育成や教材開発が本格化しており、モデルカリキュラムができていることが紹介された。

 AIを活用したオンラインプログラミング学習サービスを運営するProgateで代表取締役を務める加藤將倫氏は、教育コンテンツを作成する立場から意見を述べた。同氏によれば、6月頃からオンラインのサービスの利用者が増え、コロナ禍によるDXの波を強く感じているという。

 「オンライン教材は切磋琢磨され質の高いものが登場する一方で、オンラインだけでは… 続きを読む

※この記事はCNET Japanから配信されています。

この記事が気に入ったらクリック!

お気に入り登録

この記事で紹介しているサービスについて

SHARE

関連記事

テーマは「社会・産業DX」、NTT Com「CDF2021」が描くDXのリアルとは

2021.09.15

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第69回

テーマは「社会・産業DX」、NTT Com「CDF2021」が描くDXのリアルとは

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

2021.07.21

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第31回

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

企業にCDOが求められる3つの理由

2021.07.16

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第30回

企業にCDOが求められる3つの理由

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

2021.06.25

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第68回

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」