NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

視聴者に「離脱されない」オンラインセミナーの作り方は?–スライド準備や話し方にも注意
2020.09.17

IT&ビジネス最新ニュース第57回

視聴者に「離脱されない」オンラインセミナーの作り方は?–スライド準備や話し方にも注意

アンケートやチャットの機能は実は必要ない?

——オンラインでは単に映像を見せるだけでなく、登壇者と参加者が直接やり取りできるツールもいろいろとありますが、ツールで盛り上げたい時の工夫はありますか。

 視聴者の参加をどこまで許容するか、というのは悩みどころですよね。ハッシュタグでツイートしてもらうとか、配信システムが備えるチャット機能でコメントできるようにするとか、投票機能を使うとか、いいねを送ってもらうとか。それをどうコンテンツとして取り込むかは、あらかじめきちんと決めておくべきですね。

 たとえば、チャットで意見を受け付けたとして、視聴者がコメントしているのに運営側が一切活用していないようなら、視聴者としては相手にしてもらえていないように感じて冷めてしまう。でも、きちんとコメントを拾って話題のなかに織り交ぜていたりすると、登壇者との距離を近く感じてもらえたりする。意見できる仕組みにするのなら、コメントを読み上げることはもちろんですが、もし運営側にとって回答が難しい質問なら、他の視聴者に助けを求めて代わりに回答してもらうようにするのもアリだと思います。

——アンケートやチャットのような機能を使う時の注意点などがあれば教えてください。

 アンケートは事前に集めてコンテンツにしっかり盛り込む方法と、イベント中にリアルタイムでアンケートをとる方法の2パターンがありますよね。ただ、特に後者のリアルタイムの場合は、画面にアンケート回答用ページのQRコードを表示させても、視聴者がすぐにアクセスできない時もあるので注意が必要です。ツールによっては視聴している画面内に投票ボタンを表示して簡単に回答できる場合もありますが、まだ視聴者が素早く反応しにくい仕組みの方が多いと思いますので。

 ただ、言ってしまうと、アンケートの回答自体には実は意味はないと思うんです。あくまでも視聴者に注目してもらう、もしくはそのイベントのテーマについて思いを巡らせてもらって本番前に気持ちのセットアップをしてもらう、という目的の手段の1つだと考えています。

 リアルイベントでもこれは常套手段になっていて、たとえばアイスブレイクに「朝ご飯食べてきた人?」と聞いて手を挙げてもらったりしますよね。それだけでイベントに参加している感じが出てくるわけです。アンケートから真面目にデータを取ろうとするのではなく、視聴者の気持ちをこちらに向けて集中力を保ってもらう、インタラクティビティを出す、という程度のものとして考えるのが大事です。

 そういう観点で言うとチャットも同じで、ぶっちゃけあってもなくてもいいと思っています。でも、チャットのいいところは、議論している話が難しかった時に、補足説明を入れたり、誰かが感想をつぶやくことで他の人も理解がより進んだり、共感や安心感につながったりすることです。あくまでも補助コンテンツだなと僕は考えています。

——Q&Aはどうでしょうか。個人的には質問の声があればできるだけ拾って回答したいと思ってしまうのですが。

 僕はQ&Aというのが実は苦手です。おっしゃるとおり、来たら全部返してあげなきゃとか、真面目に回答しなきゃとか思ってしまうのですが、それで予定時間よりオーバーしたり、細かな各論に入って他の参加者にとって無関係な視点が入ったりしてしまうんですね。Q&Aはあくまでもインタラクティブ感を出すためとか、視聴者の解釈を助けるためのものと考えて、これも100%答えることはしなくていいと僕は思っています。

 ちなみに、最近はQ&Aをいかにセレクトするかを考えています。視聴者からは漠然とした質問や、質問文をじっくり読み込まないと理解できない質問、意味がわからないまま聞いてくる質問がよくあります。なので、僕とは別に質問対応の人を用意して、その人に回答すべき質問を絞り込んでまとめ直してもらい、それを楽屋チャットに送ってもらうようにしています。

——質問があまりにも多いと選別だけでも大変なので、質問専用のスタッフを用意するのは大事ですね。ところで、数多くのオンラインセミナーを開催している日比谷さんですが、これまでに大きな失敗などはありましたか。

 システム系における失敗と、コンテンツにおける失敗という2つがありますね。システムについては、リハーサルをしっかりやったのにも関わらず、本番で正常に配信されなかったことです。リハーサルの時とは環境が少しだけ変わってしまい、その影響で配信URLが知らないうちに変更されていました。10分以内にリカバリーできましたが、その焦りを引きずったままモデレートしたのでボロボロでしたね。テクニカルな部分も含めてきちんとリハーサルをやること、テクニカルが得意なスタッフも用意して油断しないこと、ということを改めて肝に銘じました。

 コンテンツの方は、構成のミスです。あるテーマについて幅広い視点で話してほしいと思い登壇者を4人設定したのですが、冒頭で1人ずつ直近のレポートについて10分間話してもらい、後半のパネルディスカッションでも3つあるテーマを15分間で話す、みたいな内容にしたら時間が全然足りませんでした……。構成によって伝えられる内容はガラッと変わることを痛感したので、それ以来時間配分は丁寧に吟味するようにしています。

——読者の中には、これから初めてオンラインイベントやセミナーを開催しようとしている人もいると思います。そういった人たちに向けて、最初に使うのはどういったツールがいいのか、おすすめや考え方のポイントがあれば教えてください。

 オンラインでは、特に初心者の方にとっては想定外のことがたくさん起こるはずです。ですから、リハーサルは自分でなるべく多く経験しておくといいと思います。とにかく練習して場数を踏むこと。そういう意味では、無料で始められるツールから使うのがいいのではないでしょうか。たとえば、ZoomやYouTube Live、Facebook Liveなどですね。また、視聴者の環境によって発生するトラブルを避けるためにも、視聴に専用アプリを使うものは極力避けるべきです。

 ライブ配信と併用するツールについては、視聴者のリテラシーによってきます。もしくは課金するのか、ログをどれだけ取りたいのか、録画したいのか、スポンサードコンテンツの場合は資料などをダウンロードさせたいかなど、そういったニーズによってもツール選びは変わってくるかと思います。また、視聴者向けのアンケートやチャットの機能は必須じゃないけれど、運営をスムーズにするためのインカム代わりの楽屋チャットはマストですね。コンテンツも大事ですが、インフラや運営のリスクやストレスを極力減らすことが、本番のリスクを下げることになると考えています。

※この記事はCNET Japanから配信されています。

SHARE

関連記事

プロが解説、Web会議で成果を出すためのファシリテーション術とは?

2020.11.11

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第29回

プロが解説、Web会議で成果を出すためのファシリテーション術とは?

「モバイルPASMO」の実現までに13年もの歳月がかかった裏事情

2020.10.27

IT&ビジネス最新ニュース第71回

「モバイルPASMO」の実現までに13年もの歳月がかかった裏事情

“集まれない”入学式をライブ配信、公立中学校の挑戦に迫る

2020.10.02

「教育」をデジタルで変える第1回

“集まれない”入学式をライブ配信、公立中学校の挑戦に迫る

コロナ禍で不可逆的に変化するマーケティングイベント

2020.10.01

IT&ビジネス最新ニュース第60回

コロナ禍で不可逆的に変化するマーケティングイベント

ニューノーマル時代に欠かせない“デジマのルール”とは

2020.09.25

これからの時代に求められるデータ利活用第5回

ニューノーマル時代に欠かせない“デジマのルール”とは

NTT ComがSmart CXで創る“新たな顧客接点”のカタチとは

2020.09.04

ニューノーマル時代におけるCXの新潮流第1回

NTT ComがSmart CXで創る“新たな顧客接点”のカタチとは