NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

紙とハンコ、ワークフローの「あたりまえ」を考え直す–電子化への課題と対応策
2020.05.29

IT&ビジネス最新ニュース第18回

紙とハンコ、ワークフローの「あたりまえ」を考え直す–電子化への課題と対応策

とにかく始める、今やらなかったら変わらない

 原則テレワークの状態がここまで長期化し、もはや日常になるほどの期間は想定されていなかったが、まだ環境整備に取り組めていなかった皆さんには良いニュースもある。各種ITツールが一定期間無料でアカウントが開放されている。お試し期間と捉えて、本格導入前に自社に合ったツールを探してみてほしい。

 ただ、今回のこのテレワーク導入の課題を解剖して本当に変えるべきは、働き方のスタンダードの考え方をどうするかということだろう。テレワークをベースとした働き方に舵を切るのか、それとも今は緊急時でいつかは“平常”時の働き方へ戻すのか。

 例えばITツールもいつまでも無料期間で続けるわけにもいかない。コスト配分の見直しが必要になる。新卒も中途も就職活動はどうするのか。会社の行事やイベントもリアルに開催できなければ、やらないという判断を継続するのか。

 すでに今後数年は新型コロナウイルスと共生しなければなるという予測も出ている。どちらをスタンダードとするかは経営としての判断が問われる。

 筆者は何もテレワークを必ずやるようにしなければならない、ということを推奨しているわけではない。業種業界、職種によってはそもそも電子化ができない仕事もある。ただ、できる部分についてはテレワークがいつでもできるような体制を作っておくべきと皆さんにお伝えしたい。

 そうすればコロナ禍が一定収束したあとも業務生産性は向上しているはずだし、働き方が選べるようになることで人材不足の解消や社員の満足度も向上も期待できる。そして今回の対策が企業のBCP対策として一役買うことができると考えている。

 ある一つの働き方だけにするということではなく、働き方を選べるようにしておくということが今後企業においての生存戦略ではないかと考えている。

 今回はそのためのハード面(ツール)、ソフト面(心理)双方の課題と対策をお伝えした。この状況の変化に適応していく皆さんの参考になれば幸いだ。

※この記事はCNET Japanから配信されています。

関連キーワード

SHARE

関連記事

“従業員への信頼”から始まるNTT ComのSmart Workstyleとは

2020.09.25

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第48回

“従業員への信頼”から始まるNTT ComのSmart Workstyleとは

サイボウズの「100人100通り」の働き方はどうやって生まれたのか

2020.09.16

共創によるビジネスイノベーション第3回

サイボウズの「100人100通り」の働き方はどうやって生まれたのか

NTT ComがSmart CXで創る“新たな顧客接点”のカタチとは

2020.09.04

ニューノーマル時代におけるCXの新潮流第1回

NTT ComがSmart CXで創る“新たな顧客接点”のカタチとは

テレワーク化したコンタクトセンターは、コロナにも震災にも負けなかった

2020.09.02

いま求められる“顧客接点の強化”第30回

テレワーク化したコンタクトセンターは、コロナにも震災にも負けなかった

製造業の現場は、オンラインのみで成り立つのか?

2020.08.28

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第7回

製造業の現場は、オンラインのみで成り立つのか?

With/Afterコロナの時代に、オフィスは不要か? 必要か?

2020.08.05

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第5回

With/Afterコロナの時代に、オフィスは不要か? 必要か?

Box社に聞く「オンラインがメイン、オフィスがサブ」の働き方とは?

2020.07.22

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第29回

Box社に聞く「オンラインがメイン、オフィスがサブ」の働き方とは?