NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

DX推進に上層部の強い意識が必要–KADOKAWA Connectedが人材育成「KDX道場」を始動
2021.03.29

IT&ビジネス最新ニュース第126回

DX推進に上層部の強い意識が必要–KADOKAWA Connectedが人材育成「KDX道場」を始動

 KADOKAWA Connectedは3月15日、DX人材育成サービス「KDX道場」を本格始動すると発表した。

 KADOKAWA Connectedは、KADOKAWAグループで運営するサービスのインフラ開発・運用や、ICTコンサルティング、働き方改革支援を手掛け、その実績を活かしたデジタルトランスフォーメーション(DX)アドバイザリーサービスを提供。「DXアドバイザリーサービス」や、「世界一わかりやすいDX入門」を軸とした輪読会や勉強会などの提供を通じて、多数企業のDX推進に貢献してきたという。

 同社では、これまでのノウハウや知見を活用し、企業でDXを推進していく経営者・DX担当者の課題を解決する「DX人材育成プログラム」と、2020年にKADOKAWA ConnectedがKADOKAWAの守りのDXを進める中で得たノウハウを凝縮した「効率よく働いて機嫌のいい職場にするために マンガでわかる!驚くほど仕事がはかどるITツール活用術」を軸とした輪読会や勉強会などを提供。DXアドバイザリーサービスなどの既存サービスと、今回の新サービスを総合してKDX道場とし、サービス内容の充実と対象顧客の拡大を図るという。

 DX人材育成プログラムでは、DXを進める上で重要な「サービスチーム」をリードするDX人材育成を支援。また、既に提供済のメンターサービス、DXアドバイザリーサービスと組み合わせることで、KDX道場として顧客の社内の属性に合わせた全社推進をサポートする。

 DXにより提供できる価値のひとつとして、モノだけではなくコトという体験がある一方で、サービスチーム群が連携をしてビジネスを推進することも重要という。DXアドバイザリーサービスを受けた後に、この育成プログラムを受講することで、DXの基本である合理的なマネジメントの仕組みを根付かせて行くことができるとしている。同社では、2022年中20社の本サービス導入を目標としている。

  KADOKAWA Connectedは3月15日に記者会見を実施。代表取締役社長の各務茂雄氏はKDX道場について触れつつ、「DXとは、1年や2年で終わるようなものではなく、5~10年という長い道のりを歩んでいく経営改革。私たち自身は、事業会社で行っているDXのノウハウを、日本全国に向けて価値があるものを抜粋して横展開していく」と語り、サービス化かつリーズナブルな価格によってオープン化していく意向を示した。

  KDX道場について説明を行った、KADOKAWA Connected Customer Success部 部長の菊本洋司氏は、DX推進は… 続きを読む

※この記事はCNET Japanから配信されています。

この記事が気に入ったらクリック!

お気に入り登録

この記事で紹介しているサービスについて

SHARE

関連記事

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

2021.07.21

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第31回

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

企業にCDOが求められる3つの理由

2021.07.16

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第30回

企業にCDOが求められる3つの理由

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

2021.06.25

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第68回

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

早大IT戦略研究所 根来龍之氏 「日本の大企業だけがDXに後れを取っているわけではない」

2021.06.04

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第67回

早大IT戦略研究所 根来龍之氏 「日本の大企業だけがDXに後れを取っているわけではない」