NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

DXの潮流、CDOの挑戦
2020.11.25

革新的新薬の創出に向け、中外製薬が社運を賭けて挑むDX

中外製薬株式会社 執行役員 デジタル・IT統轄部門長 志済 聡子 氏

予算も案件もデジタルを最優先『すべてのバリューチェーン効率化』

 第二の基本戦略となる『すべてのバリューチェーン効率化』は、AIやロボティクス、AR/VRなどのデジタル技術を活用した各部門・各機能のプロセスの大幅な効率化と、デジタルを活用した高度な情報提供やコミュニケーションを促進し、患者・医療関係者の治療支援に貢献を目指す取り組みです。

 「将来的に製造工場は、個別化医療に合わせて生産ラインを増減できるフルロボット化を目指します。しかし、現時点ではスケジュール管理や熟練技術者による教育など属人的なプロセスが多々あるので、まずはそれをデジタル化するため、可視化を進めています。また、営業系はCOVID-19禍でMR(医療情報担当者)の活動がリモートディテーリングへ移行したので、今後は、その仕組みに加えて顧客データベースやコンタクト履歴、ドクターの趣向などをAI分析し、『この医師は、次にこの情報を求めている』といったリコメンド機能を充実させて行動変容につなげることを目指します」

 こうしたカルチャーチェンジを伴う改革は、現場の反発を買うことも少なくありません。実際、MRから「AIが出した結果は、自分が勘と経験で培ってきた結果と何ら変わらない」との不満の声があがったともいいます。

 「そもそも自分が知っているデータしか与えていないのでAIのアウトプットが同じなのは当たり前なのですが、すんなり受け入れてもらえないこともしばしばありました。営業側からすれば、『現場にいない人が作る仕組み』という不安もあったと思います。しかし、そこはCEOやCOOがコミットしてくれ、それに加えて各本部長が、デジタル案件を最優先に採用し、予算も通しやすくしてくれたので、社内のデジタル化が一気に進みました」

SHARE

関連記事

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

2021.07.21

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第31回

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

企業にCDOが求められる3つの理由

2021.07.16

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第30回

企業にCDOが求められる3つの理由

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

2021.07.02

DXを加速させるITシステムの運用改革第41回

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

2021.06.25

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第68回

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

2021.06.16

セキュリティ対策に求められる新たな視点第24回

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

JALは新しいナレッジシステムで、次世代のコンタクトセンターを目指す

2021.06.11

いま求められる“顧客接点の強化”第36回

JALは新しいナレッジシステムで、次世代のコンタクトセンターを目指す

早大IT戦略研究所 根来龍之氏 「日本の大企業だけがDXに後れを取っているわけではない」

2021.06.04

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第67回

早大IT戦略研究所 根来龍之氏 「日本の大企業だけがDXに後れを取っているわけではない」