NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

DXの潮流、CDOの挑戦
2019.12.11

アフラック生命保険

生命保険事業の特性を活かしたDX推進とは

アフラック生命保険株式会社 上席常務執行役員 チーフ・インフォメーション・オフィサー 二見 通 氏

AI活用とエコシステム形成がイノベーションを生む

 さまざまなパートナーとシームレスにつながりオープンイノベーションでDXを進めるには、データ/システムを繋ぐAPIとネットワークが重要になると、二見氏は指摘します。

「多くのパートナーと連携するには、瞬時につなげられる柔軟性、高速性、アジリティを備えたセキュアなネットワークが欠かせません。特にセキュリティは重要なファクターです。インターネットに接続されることを前提とするDXのシステムは、常にセキュリティの脅威にさらされているといっても過言ではありません。また、API基盤の構築も重要です。各ステークホルダーとはAPIを通じて柔軟かつスピーディーに接続されなくてはなりません」

 最後に、アフラック生命保険が進める今後のDXの展望を語っていただきました。

「キーワードはAIの活用です。保険の引き受け査定や保険金支払いの判断に多くの保険会社がAIの活用を考え、または導入していると思いますが、それはそれでとても有効な利用方法だと思います。しかし、当社ではさらに営業活動への応用、お客様サービスの拡充、先ほどお話したマニュアルの改善など、あらゆる部分でAIを活用していきたいと思っています。

 エコシステムの形成も重要です。ただし、参加するすべてのプレーヤーがWin-Winになり、かつ、それぞれのお客様にベネフィットを与える、そういうエコシステムでなければ価値がないと思っています。価値のないサービス(機能)はお客様も使ってくれません。お客様中心のサービスを実現するエコシステムをつくり、そこからイノベーションを生み出せば、当社のブランドプロミスである「『生きる』を創る。」を実現できるはずです。それこそがDXの価値ではないかと思っています。むしろ、そこを追求せず過去の成功にしがみついていたら、会社は衰退の一途をたどってしまうのではないでしょうか」と二見氏は、今後の展望と危機感について話してくれました。

※掲載されている内容および肩書は2019年10月の取材時点のものです。
※掲載されているサービスの名称、内容及び条件は、改善などのために予告なく変更することがあります。

SHARE

関連記事

専門誌編集長が語る、コロナ禍でのコンタクトセンターのリアル

2021.04.28

いま求められる“顧客接点の強化”第33回

専門誌編集長が語る、コロナ禍でのコンタクトセンターのリアル

三菱ケミカルHD浦本CDO「製造業DXは、現場改善と全体変革の“両利き”で加速する」

2021.04.23

INDUSTRY REVIEW~業界有識者が「DXの現在と未来」を語る第10回

三菱ケミカルHD浦本CDO「製造業DXは、現場改善と全体変革の“両利き”で加速する」

コロナ禍の「会えない」はセールス・マーケティングの変化をどう加速させたか

2021.04.19

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第27回

コロナ禍の「会えない」はセールス・マーケティングの変化をどう加速させたか

【激白】NTT Comの“危機感”とDX事業の勝ち筋

2021.04.15

IT&ビジネスコラム第1回

【激白】NTT Comの“危機感”とDX事業の勝ち筋

横河電機が推進する“インターナル”と“エクスターナル”両輪でのDXとは

2021.04.14

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第64回

横河電機が推進する“インターナル”と“エクスターナル”両輪でのDXとは

岸博幸氏が語る「スマートシティは“課題先進国”日本を変革する処方箋になる」

2021.04.07

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第25回

岸博幸氏が語る「スマートシティは“課題先進国”日本を変革する処方箋になる」

味の素社のDX戦略「規模を追う経営から、DXで社会を変革するパーパス経営へ」

2021.04.02

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第63回

味の素社のDX戦略「規模を追う経営から、DXで社会を変革するパーパス経営へ」

勘と経験だけではもう通用しない。スポーツ界のデータ分析最前線

2021.03.31

これからの時代に求められるデータ利活用第9回

勘と経験だけではもう通用しない。スポーツ界のデータ分析最前線

IT部門の変革によりDXを加速!起爆剤となる「マネージドサービス」とは

2021.03.26

DXを加速させるITシステムの運用改革第38回

IT部門の変革によりDXを加速!起爆剤となる「マネージドサービス」とは