NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

不確実性が高まる時代こそ、デジタルが必要になる
2020.09.09

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第8回

不確実性が高まる時代こそ、デジタルが必要になる

著者 三谷 慶一郎

不確実性が高い時代にすべきこと【2】オンライン・ファーストな企業をめざす

 企業変革の方向性の2つ目は、「オンライン・ファーストな企業をめざす」ということです。

 私は先日、コロナ禍に立ち向かうための社会提言を公開しました(提言「オンライン・ファースト社会」という新しい日常 ~ オンラインとリアルが融合する社会へ ~ 株式会社NTTデータ経営研究所)。この提言で提示した「オンライン・ファースト社会」とは、人間のあらゆる社会的活動において、オンラインがあたりまえの存在として溶け込んでいる社会のことをいいます。

 オンラインサービスは、どうしてもリアルの代替でしかなく、あくまでも緊急時のバックアップ的なものだという認識がこの社会にはあります。医療でも教育でも行政手続きでも、リアルでの対面・接触が重要であり、オンラインを用いただけでは、法制度的にも、社会慣習的にも不十分だとみなされることが多いようです。

 この考え方を抜本的に払拭し、オンラインとリアルが「同等の価値を持つもの」と認める社会にすることが、この提言のメッセージです。

 オンラインミーティングが多用されている今でさえも、「大事な偉い方とのミーティングなのでリアル対面でお願いしたい」とか、「顧客クレームへの謝罪だからさすがにオンラインではまずいだろう」とかいう声は少なくありません。このあたりの認識が社会全体として変わるだけで、かなり柔軟で効率的な世の中になると考えます。

 さらに、「オンライン・ファースト」という言葉には、単純にリアルよりも先にオンラインを選択するということだけでなく、企業のビジネスを、「オンライン・ネイティブ」としてゼロからつくりあげようという考え方が含まれています。オンライン・ネイティブとは、「インターネットがあらゆるところに張り巡らされ、多くの方々がスマートフォンを持ち、デジタル技術が誰にでも容易に使えるようになっている今の世界を前提として考える」ということです。

 あなたの所属する会社が、もし今日創業するなら、どのようなサービスをどのようなプロセスで行うでしょうか。あらゆる制約をなくした上で、現存するデジタル環境の活用を前提として考えれば、その答えは今とは全く違うものになることでしょう。

SHARE

関連記事

早大IT戦略研究所 根来龍之氏 「日本の大企業だけがDXに後れを取っているわけではない」

2021.06.04

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第67回

早大IT戦略研究所 根来龍之氏 「日本の大企業だけがDXに後れを取っているわけではない」

AIが営業のネクストアクションを示唆! 〇〇〇で営業の生産性向上を目指す

2021.05.28

これからの時代に求められるデータ利活用第10回

AIが営業のネクストアクションを示唆! 〇〇〇で営業の生産性向上を目指す

新規事業立ち上げ時に考えるべき4箇条

2021.05.27

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第28回

新規事業立ち上げ時に考えるべき4箇条

咳の音でコロナ感染が分かるアプリが登場

2021.05.24

シリコンバレー通信第37回

咳の音でコロナ感染が分かるアプリが登場

“センスのなさ”から始める「発注力」の重要性

2021.04.20

IT&ビジネスコラム第2回

“センスのなさ”から始める「発注力」の重要性

【激白】NTT Comの“危機感”とDX事業の勝ち筋

2021.04.15

IT&ビジネスコラム第1回

【激白】NTT Comの“危機感”とDX事業の勝ち筋

横河電機が推進する“インターナル”と“エクスターナル”両輪でのDXとは

2021.04.14

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第64回

横河電機が推進する“インターナル”と“エクスターナル”両輪でのDXとは

味の素社のDX戦略「規模を追う経営から、DXで社会を変革するパーパス経営へ」

2021.04.02

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第63回

味の素社のDX戦略「規模を追う経営から、DXで社会を変革するパーパス経営へ」