NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

製造業の現場は、オンラインのみで成り立つのか?
2020.08.28

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第7回

製造業の現場は、オンラインのみで成り立つのか?

著者 輿水 大和

オンラインで「良くなったこと」もある

 もちろん、オンライン化が進んだことで「良くなったこと」もあります。例えば、製造のプロセスにおいては、最初にクライアントと製造計画をデザインする段階と、それをモジュールに分けて開発計画を作る段階に分けることができます。そういった中でエンジニアたちは、すでにプランやスケジューリングができてタスクが明確となったプロジェクトにおいては、現場に集まるよりも、自分のペースで集中して作業ができるオンラインの方が圧倒的に効率的だと気づき始めています。これまで「当たり前」だと考えていたことが実はそうではなかった、まるでパンドラの箱を開けて覗いてしまった、そんな状況ともいえます。

 企業現場でのDX検討についても、私の周りでは良い影響も出始めています。例えば、名古屋の電子機器製造企業の子会社であるIT系企業では、16名のIT技術者たちとAIの深層学習の勉強会を実施し、将来的には実用化を念頭に置いて「部品アッセンブリの画像検索」「AIを活用したFAQマネジメント」といった複数の案件について検証をしています。

 このようなDXにおける検証プロジェクトは若手人材が中心となるため、管理職が関わりにくいケースがあります。ところが、コロナ禍による会議や報告会のオンライン化によって、決裁者への出席の調整をしやすくなりました。前述のIT系企業では6月にオンライン報告会を開催しましたが、そこには会長、社長をはじめ執行役員全員が出席しました。こういった場に参加することで、深層学習技術のディテールはともかく、どこが問題でどこを突破すれば解決できるかという塩梅について、理解いただける機会になったのではと思っています。

 DXは、経営層の理解とコミットがなければ進展しないものです。ともすれば管理職が蚊帳の外という状況に置かれやすいジャンルですが、オンライン化によってそれを解消できる方法論の兆しが見えつつあるのではないでしょうか。

 次回は、製造企業がDXによる技術開発において、どのような点から検討していけばよいかのポイントを解説していきます。

関連キーワード

SHARE

関連記事

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

2021.07.21

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第31回

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

企業にCDOが求められる3つの理由

2021.07.16

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第30回

企業にCDOが求められる3つの理由

オンライン研修でも新卒社員は育つ!アイレップが導入したツールとは

2021.07.09

ニューノーマル時代のコミュニケーション変革第4回

オンライン研修でも新卒社員は育つ!アイレップが導入したツールとは

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

2021.07.02

DXを加速させるITシステムの運用改革第41回

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

2021.06.25

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第68回

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

2021.06.16

セキュリティ対策に求められる新たな視点第24回

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

JALは新しいナレッジシステムで、次世代のコンタクトセンターを目指す

2021.06.11

いま求められる“顧客接点の強化”第36回

JALは新しいナレッジシステムで、次世代のコンタクトセンターを目指す

在宅勤務を加速するカギはどこにある?読者アンケートまとめ

2021.06.09

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第38回

在宅勤務を加速するカギはどこにある?読者アンケートまとめ