NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

ウォルマートに学ぶ、非デジタルネイティブ企業がDXする方法
2020.08.07

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第6回

ウォルマートに学ぶ、非デジタルネイティブ企業がDXする方法

著者 田中道昭

デジタルな時代だからこそ、店舗に新しい意味を持たせる

 それではウォルマートは、具体的にビジネスをどう変えていったのでしょうか。

 その戦略を以下にまとめましたが、すべてを紹介するときりがないので、本記事では「店舗」「生鮮食品」「人材」の3点に絞って紹介します。

 まずは「店舗」ですが、ウォルマートでは“店舗の定義”をアップデートし続けています。もちろん店舗である以上、小売のための店舗という定義は変わりません。しかしウォルマートでは、店舗を「自社ECの倉庫」や「配送拠点」、「ECのストアピックアップ」(顧客がECで注文したものを受け取りに来ること)として活用しています。

 例えば、ウォルマートは、ECで注文した食料品を店舗に取り置きすることができるOGP(オンライン・グローサリー・ピックアップ)を展開しています。

 店舗で品物を選んで会計したり、運ぶ手間がないOGPは、食料品を定期的に「買いだめ」することが多いアメリカの顧客には、非常に便利なサービスです。ウォルマートはこのOGPを2019年末までに3,100店舗まで拡大し、そのピックアップにあたる従業員5万人の雇用を生み出しました。

 ウォルマートがマーケットから評価されているのは、このように店舗を「オムニチャネルのツール」として活用するビジネスを展開できているからです。リアル店舗をからめたオムニチャネル戦略は、小売業がECに対抗しうる手段の一つです。

 ウォルマートではこれに加えて、「生鮮食品」戦略のアップデートも行っています。

 ウォルマートとアマゾンを比較した時、ウォルマートの強みは「生鮮食品」にあるといえるでしょう。青果や精肉などの生鮮食品は、日用品などに比べて品質保持の期限が短く、顧客は「新鮮さ」を求めます。店舗を持つウォルマートは、小売店ならではの生鮮食品在庫の回転率の速さで、食品の鮮度を担保できます。ウォルマートにとって、店舗は自社ECにおける「生鮮食品の倉庫」でもあります。前述のOGPがマーケットに受け入れられている理由もそこにあります。

 生鮮食品は、アマゾンもずっとターゲットにしていました。しかし、ECだけではうまくいかず、結局2017年、実店舗のスーパーマーケットチェーン「ホールフーズ・マーケット」を買収した経緯があります。

 ウォルマートはさらに、ウォルマートで働く「人材」についてもアップデートしています。具体的にいえば、テクノロジー人材の採用に注力、およびデジタルを使った社員教育の実施などです。

 例えば、2016年にはECサイトのベンチャー企業であるジェット.comを買収し、その共同創業者マーク・ロア氏をEC事業のCEOに任命したのをはじめ、ほかECサイトの運営企業を次々と買収し、そのエンジニアを大量に獲得。それら人材の知見を、店舗オペレーションのデジタル化や社員教育にも活用しています。

 店舗の従業員向けアプリでは、商品が店舗に配送されてきたり、棚から欠品している場合に自動で通知されたり、売れた商品の個数をリアルタイムに把握することなどができます。商品ピックアップなど従来業務の手間が省けるこれらのITツールは、店舗の従業員にも受け入れやすいものです。現場がITツールに習熟すれば、OGPなど新しいオペレーションが発生するサービスをスムーズに展開できる土壌にもなります。

 同社では、このように現場に受け入れられるITツールを開発するため、エンジニアが店舗に入り込み、使い勝手など現場の声を反映しながらトライアル&エラーを繰り返しています。ウォルマートではこれらにより、スタートアップ企業で重視されているような、スピード、柔軟性、アジャイル的な仕事の仕方(まずはやってみて高速でPDCを回す)を、企業カルチャーに採り入れようとしています。

SHARE

関連記事

“従業員への信頼”から始まるNTT ComのSmart Workstyleとは

2020.09.25

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第48回

“従業員への信頼”から始まるNTT ComのSmart Workstyleとは

製造業がDXを進めるために、現場はなにから始めるべきか?

2020.09.23

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第10回

製造業がDXを進めるために、現場はなにから始めるべきか?

製造業に共通する無駄の多い業務は Smart Factoryでシェアできる

2020.09.23

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第47回

製造業に共通する無駄の多い業務は Smart Factoryでシェアできる

ユニクロ旗艦店に見る、ウィズコロナのDX戦略

2020.09.18

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第9回

ユニクロ旗艦店に見る、ウィズコロナのDX戦略

なぜ企業はDXのためにデータ活用を進めなければいけないのか

2020.09.16

これからの時代に求められるデータ利活用第4回

なぜ企業はDXのためにデータ活用を進めなければいけないのか

DXで健康を導き出す!新たなヘルスケアプラットフォームが登場

2020.09.11

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第46回

DXで健康を導き出す!新たなヘルスケアプラットフォームが登場

「2025年の崖」はすでに到来している!?経産省に聞く、コロナ時代のDXの進め方

2020.09.11

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第45回

「2025年の崖」はすでに到来している!?経産省に聞く、コロナ時代のDXの進め方

フローやプロセスを考慮した業務デジタル化の進め方

2020.09.10

IT&ビジネス最新ニュース第54回

フローやプロセスを考慮した業務デジタル化の進め方

不確実性が高まる時代こそ、デジタルが必要になる

2020.09.09

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第8回

不確実性が高まる時代こそ、デジタルが必要になる