NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

With/Afterコロナの時代に、オフィスは不要か? 必要か?
2020.08.05

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第5回

With/Afterコロナの時代に、オフィスは不要か? 必要か?

著者 河野 ゆみこ

「オフィスは必要」と主張するIT企業も

 このような“オフィス不要論”の声が高まる一方で、「オフィスは必要」と主張する声もあります。

 ゲームや広告、ウェブサービス事業などを手掛ける面白法人カヤックの柳澤大輔社長は、インタビューにて、「オンラインでは情報が抜け落ちる」「人間関係ありきで仕事をしている」という理由から、“フルリモートにはしない”と明言。6月よりスタッフのオフィス出勤を再開しています。社内のレイアウトは座席を人と人とが向かい合わないよう変更、定期的な換気をする社内ルールを追加するなど、感染症対策を取っています。

 GMOインターネット株式会社の熊谷正寿代表取締役会長兼社長は、インタビューにて“企業の信用度やブランド力、他社との差別化のために、一等地のオフィスを持つ意義は長期的に見て大きい”と発言。同社は現在、在宅勤務とオフィス出社の“ハイブリッド”勤務体制となっており、従業員が密集するのを防ぐため、社内をフリーアドレス化しているといいます。

 注目すべきは、この2社がIT企業である点です。IT企業というと、比較的働き方の自由度が高く、“オフィス不要論”を積極的に提唱してもよさそうですが、この2社は自社のビジネスを遂行するために、むしろオフィスは必要である、というメッセージを強く打ち出しています。

 先に挙げたSansanやさくらインターネットでも、オフィスを縮小したものの、完全に無くしたわけではありません。オフィスは、従来とは規模が縮小されようとも、良質な事業活動を進めるためには、コロナ後も重要な存在であることがいえそうです。

SHARE

関連記事

オンライン研修でも新卒社員は育つ!アイレップが導入したツールとは

2021.07.09

ニューノーマル時代のコミュニケーション変革第4回

オンライン研修でも新卒社員は育つ!アイレップが導入したツールとは

在宅勤務を加速するカギはどこにある?読者アンケートまとめ

2021.06.09

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第38回

在宅勤務を加速するカギはどこにある?読者アンケートまとめ

日鉄ケミカル&マテリアルは「テレビ会議クラウド化」で場所にとらわれない働き方を推進

2021.05.26

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第37回

日鉄ケミカル&マテリアルは「テレビ会議クラウド化」で場所にとらわれない働き方を推進

チームは雑談を「聞く」ことで強くなる

2021.05.20

IT&ビジネスコラム第6回

チームは雑談を「聞く」ことで強くなる

専門家が解説する「SaaSではじめるコーポレート部門の業務改革」

2021.05.19

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第65回

専門家が解説する「SaaSではじめるコーポレート部門の業務改革」

人手不足で負担増…コンタクトセンターの問題は「音声認識」で解決する

2021.05.14

いま求められる“顧客接点の強化”第35回

人手不足で負担増…コンタクトセンターの問題は「音声認識」で解決する

読者の知りたいことNo.1「業務効率化」はどう進めるべきか?

2021.05.12

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第36回

読者の知りたいことNo.1「業務効率化」はどう進めるべきか?

テレワークに電話番はいらない!音声基盤の不満をクラウドで解消する方法

2021.04.21

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第35回

テレワークに電話番はいらない!音声基盤の不満をクラウドで解消する方法

「1LDK で2人暮らし」はテレワークに不向き?働き方の質は“診断”で解決

2021.04.16

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第34回

「1LDK で2人暮らし」はテレワークに不向き?働き方の質は“診断”で解決

働き方はコロナ前よりも“孤独”に。どう解決すべきか?

2021.03.24

コロナ後に求められる「理想のオフィス」とは?第3回

働き方はコロナ前よりも“孤独”に。どう解決すべきか?

働き方改革とは?働き方改革関連法が変える11の内容を解説

2021.03.22

失敗する働き方改革と、成功する働き方改革

働き方改革とは?働き方改革関連法が変える11の内容を解説

元の働き方には戻らない–新たなモデルをどう実現するべきか

2021.03.15

IT&ビジネス最新ニュース第121回

元の働き方には戻らない–新たなモデルをどう実現するべきか