NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

AI企業のCEOが語る「AIの精度が低くても、ビジネスシーンでは意外と使える」
2021.05.27

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第29回

AI企業のCEOが語る「AIの精度が低くても、ビジネスシーンでは意外と使える」

著者 Bizコンパス編集部

間違っても良いAIと、間違ってはいけないAIを分けよう

 このHuman in the loopの反対にある定義は「完全自動化」です。つまり、AIが100%の精度を持ち、人間が介入しなくても絶対に間違わずに、自動で仕事を完璧にこなしてくれる、ということです。

 AIの精度が100%にならない限り、自動化をしたとしても、間違いが生じる恐れがあります。平野氏は、用途に応じてAIを使い分けるべきと話します。

 「たとえばECサイトの商品の自動レコメンデーションなどは、AIが間違っていても、致命的な問題ではありません。そういったものは、たとえAIの精度が低くとも、完全自動化しても構わないでしょう。

 一方、保険会社において、たとえば『入院をしたので、必要な手続きを教えてください』といった問い合わせをチャットボットで受ける場合、間違いは許されません。こういったケースで精度の低いAIを使用するのであれば、完全自動化はせず、Human in the loopで行うのが適しているでしょう」(平野氏)

SHARE

関連記事

AIが営業のネクストアクションを示唆! 〇〇〇で営業の生産性向上を目指す

2021.05.28

これからの時代に求められるデータ利活用第10回

AIが営業のネクストアクションを示唆! 〇〇〇で営業の生産性向上を目指す

ドコモに聞く、対話AIはいまどこまで進化しているのか

2021.05.18

新しいテクノロジーの波第6回

ドコモに聞く、対話AIはいまどこまで進化しているのか

受付業務を自動でこなす、“ヒトに近い”チャットボットが登場

2021.05.07

いま求められる“顧客接点の強化”第34回

受付業務を自動でこなす、“ヒトに近い”チャットボットが登場

勘と経験だけではもう通用しない。スポーツ界のデータ分析最前線

2021.03.31

これからの時代に求められるデータ利活用第9回

勘と経験だけではもう通用しない。スポーツ界のデータ分析最前線

コロナ禍だからこそできる、バーチャルな体験で集客する方法

2021.03.19

ニューノーマル時代におけるCXの新潮流第4回

コロナ禍だからこそできる、バーチャルな体験で集客する方法

「DX・脱炭素」でSDGsに貢献するビジネスがある!エバンジェリストが解説

2021.03.17

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第61回

「DX・脱炭素」でSDGsに貢献するビジネスがある!エバンジェリストが解説

働き方に新しい価値を生み出す「デジタルワーカー」とは

2021.02.26

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第20回

働き方に新しい価値を生み出す「デジタルワーカー」とは

製造業がDXで生き残る道とは?八子知礼氏とエバンジェリストが対談

2021.02.12

INDUSTRY REVIEW~業界有識者が「DXの現在と未来」を語る第9回

製造業がDXで生き残る道とは?八子知礼氏とエバンジェリストが対談

政府も推進する「データ利活用」とは?

2021.02.03

これからの時代に求められるデータの利活用

政府も推進する「データ利活用」とは?