NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

澤円氏が語る「イノベーションを起こしたいなら、自己中になってグレてみよう」
2021.03.17

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第23回

澤円氏が語る「イノベーションを起こしたいなら、自己中になってグレてみよう」

著者 Bizコンパス編集部

松田聖子とAKB48では「情報の流動性」が違う

 今から26年前にも、世界でリセットボタンが押されたことがあります。Windows 95のリリースを契機にインターネットの普及が拡大した「インターネット元年」です。インターネットにより、我々は移動することなく世界中のデータにアクセスすることができるようになり、世界は一変しました。そうやってスタートしたインターネット社会は、誕生当時では想像もできなかったレベルの高速通信が可能になっています。

 そのような進化が何をもたらしたのか、アイドルを例に話してみましょう。

 比較するのは、松田聖子さんとAKB48です。松田聖子さんは、2021年3月10日で59歳になりますが、いまだに「聖子ちゃん」と呼ばれています。同年代のアイドルが引退や転身をする中で、彼女だけがアイドルのまま歳を重ね、ブランドも変えていません。まさに唯一無二の存在です。

 一方、AKB48は総選挙で1位を取った人がセンター(グループの中心的なポジション)を務めます。しかし、たとえセンターが交代しても、そのメンバーが卒業しても、ファンは大きく減っていません。いわゆる「推し」のメンバーがいなくなってもファンが減らない仕組みになっていることに加え、人がものごとに飽きるスピードが速くなっています。回転やリフレッシュが、非常に速くなっているのです。

 いまの世界を生きる我々は、この“速さ”を強く意識しておく必要があります。このデジタル社会を生き抜くためには、後述する「マインドセット」を柔軟にアップデートしていかなければなりません。

SHARE

関連記事

早大IT戦略研究所 根来龍之氏 「日本の大企業だけがDXに後れを取っているわけではない」

2021.06.04

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第67回

早大IT戦略研究所 根来龍之氏 「日本の大企業だけがDXに後れを取っているわけではない」

企業の価値を高める「SX」とは何か?有識者が解説

2021.06.02

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第66回

企業の価値を高める「SX」とは何か?有識者が解説

新規事業立ち上げ時に考えるべき4箇条

2021.05.27

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第28回

新規事業立ち上げ時に考えるべき4箇条

咳の音でコロナ感染が分かるアプリが登場

2021.05.24

シリコンバレー通信第37回

咳の音でコロナ感染が分かるアプリが登場

“センスのなさ”から始める「発注力」の重要性

2021.04.20

IT&ビジネスコラム第2回

“センスのなさ”から始める「発注力」の重要性