NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

【重要】「Bizコンパス」サイトリニューアルのお知らせ
産業医・大室氏が語る「通勤という基準のないDX時代の“働ける”を、どう定義するか」
2021.03.03

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第22回

産業医・大室氏が語る「通勤という基準のないDX時代の“働ける”を、どう定義するか」

著者 Bizコンパス編集部

出社も顔合わせもないままリモートで入退社する新入社員が急増中

―― チャットやメール中心のコミュニケーションは、表情や仕草、声の抑揚など非言語情報が伝わらず、ストレスが溜まりやすい気がします

 誰がどういう口調で言ったかという文脈の理解は、とても大切です。例えば、「あの件、どうなってる?」と上司からチャットが来たとき、ぶっきらぼうな上司だとわかっていれば、気にせずコミュニケーションできるかもしれません。しかし、まったく面識のない部下は、怒ってるのかと邪推しどう返答していいかわからず悩んでしまう場合もあり得ます。

 そもそも日本人は、上司・同僚の人となりを知る機会の多い文脈過多の職場だったのに、リモートになった途端、文脈過小の人が急増しました。文脈過小だと、深読みしなければ意味がわからないので、そこを読み取ることに神経をすり減らせ、疲れてしまうのです。特に、入社初日からリモートの新入社員は、知らない上司に突然指示されるので、そのニュアンスを読み取ることは困難です。私が担当した会社でも、7月に入社した社員がリモートで上司に一度も会うことなく12月にリモート退社した事例があります。

―― 新入社員をいち早く馴染ませるには、どういった働きかけやケアが有効でしょうか

 最初に会社の構造や、社員の人となりなど、いろいろな文脈をわかってもらうことが大切です。ある人事系サービスの会社が、入社1年以内の離職率を分析した結果、歓迎会をしなかった社員ほど離職率が高いという結果が出たそうです。一見、無駄と思われる歓迎会が、組織の一員になるための承認セレモニーとして機能していたと、推察させるデータといえます。入社直後から独り立ちするまでの期間を、いかにサポーティブに過ごさせるかは、これから会社が真剣に向き合わなければいけないテーマだと思います。

関連キーワード

SHARE

関連記事

テーマは「社会・産業DX」、NTT Com「CDF2021」が描くDXのリアルとは

2021.09.15

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第69回

テーマは「社会・産業DX」、NTT Com「CDF2021」が描くDXのリアルとは

インフラ試験を自動化するために、どんな環境が必要なのか?

2021.08.04

DXを加速させるITシステムの運用改革第42回

インフラ試験を自動化するために、どんな環境が必要なのか?

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

2021.07.21

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第31回

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

企業にCDOが求められる3つの理由

2021.07.16

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第30回

企業にCDOが求められる3つの理由

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

2021.07.02

DXを加速させるITシステムの運用改革第41回

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

2021.06.25

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第68回

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

DXで健康を導き出す!新たなヘルスケアプラットフォームが登場

2020.09.11

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第46回

DXで健康を導き出す!新たなヘルスケアプラットフォームが登場