NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

ローカル5Gは、「With/Afrerコロナ」における製造業をどう変えていくのか?
2020.07.03

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第2回

ローカル5Gは、「With/Afrerコロナ」における製造業をどう変えていくのか?

著者 佐野 正弘

 2019年にいよいよ電波免許割り当てが開始されたローカル5G。製造業がローカル5Gを採用するメリットはどのようなものなのか、この利用によって、With/Afrerコロナの製造現場は今後どのように変わっていくのか、予測していきたい。

なぜ製造業の現場でローカル5Gが期待されているのか?

 2019年12月より免許割り当てが始まり、盛り上がりを見せつつある「ローカル5G」。このローカル5Gに関して、強い期待を抱いているのが製造業の分野である。

 製造業では近年、IoTとクラウドの活用による、スマートファクトリーに関する取り組みが注目されている。従来では取得が困難であった工場のさまざまな機器の情報を収集し、機器同士を協調動作させるなどして生産効率を高めるものだ。

 このスマートファクトリーを実現化するネットワークとして、5Gが最も有望視されている。なぜなら5Gは高速大容量通信、超低遅延、多数同時接続といった特徴を兼ね備えているからである。従来のIoTの活用にとどまらない、より高度な機能を実現できる可能性があるのだ。

 

 例えば高速大容量通信を生かすことで、作業員の動きを分析したコーチングや、人とロボットの協調作業などに活用できる。また超低遅延を生かすことで、遠隔でのクリティカルな操作などが実現でき、多数同時接続を使えば、工場内のあらゆる機器やセンサーを無線で接続できるようになる。そうなれば、メンテナンスをしやすくなるだけではなく、工場のレイアウトフリー化も実現しやすくなるなど、非常に多くのメリットが生まれるだろう。

 だが5Gの活用に関しては、携帯電話会社が既にパブリックな5Gネットワークの構築を進めている。にもかかわらず製造業で、このローカル5Gが注目される理由はどこにあるのだろうか。

SHARE

関連記事

ウォルマートに学ぶ、非デジタルネイティブ企業がDXする方法

2020.08.07

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第6回

ウォルマートに学ぶ、非デジタルネイティブ企業がDXする方法

約6割の日本企業は、Afterコロナを見据えた取り組みができていない

2020.08.05

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第43回

約6割の日本企業は、Afterコロナを見据えた取り組みができていない

「With/Afterコロナ」で企業のクラウド利用は加速するか

2020.07.22

エバンジェリストが解説「5分でわかるITトレンド」第7回

「With/Afterコロナ」で企業のクラウド利用は加速するか

コロナ禍で分かれる「変わりたくない企業」と「変わろうとする企業」

2020.07.17

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第4回

コロナ禍で分かれる「変わりたくない企業」と「変わろうとする企業」

ポストコロナ時代のCIOが担うべき役割

2020.07.13

IT&ビジネス最新ニュース第34回

ポストコロナ時代のCIOが担うべき役割