NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

IoT・AI・クラウドに○○が加わることで、DXはさらに加速する
2021.01.27

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第18回

IoT・AI・クラウドに○○が加わることで、DXはさらに加速する

著者 斎藤昌義

クラウドは従来のビジネスの何を変えたのか?

 AIで導かれた最適解を使い、ビジネスを動かすためには、計算能力やデータの保管容量に制約がなく、必要な機能や性能を俊敏に調達できるクラウドコンピューティング(以下、クラウド)の力を借りる必要があります。

 クラウドとは、「コンピュータの機能や性能を共同利用するための仕組み」です。例えば、大手クラウド事業者は、それぞれ数百万台ものサーバーコンピュータ(複数ユーザーで共同利用するコンピュータ)を所有し、世界の各所に設置しています。大量に購入することで単価が抑えられ、利用者側も安い料金でコンピュータが利用できるようになりました。

 クラウドがなかった時代、コンピュータを利用するためには、ハードウェアやソフトウェアを自分たちの資産として購入し、自ら運用管理しなければなりませんでした。しかし、クラウドの登場により、コンピュータをサービスとして使えるようになったのです。利用者は初期投資を必要とせず、使った分だけ利用料金を払えばすぐにでもコンピュータが利用できるようになりました。このようにクラウドは、コンピュータの使い方の常識を根本的に変えてしまいました。

 クラウドはいまや、オフィスツールや電子メール、ファイル共有などのシステムに留まらず、安心、安全が高度に求められる基幹業務システムや銀行システムといったミッション・クリティカル(24時間365日、障害や誤作動などで止まることが許されない)なシステムにも使われるようになっています。

 2018年、日本政府は政府機関の情報システムはクラウドサービスの採用を優先するとの方針(クラウド・バイ・デフォルト原則)を決定しています。米国では、CIA(中央情報局)やDOD(国防総省)も使っています。高度な機密性や可用性、信頼性が要求される政府機関もクラウドを利用する時代になりました。

 ビジネスの不確実性が高まり、資産を持つことが経営リスクとして認識されるようになったいま、変化に俊敏に対応することが経営課題として強く意識されるようになりました。一方で、セキュリティに関わる脅威の高度化や多様化に対処することが、企業にとっては大きな負担となっています。

 クラウドはこうした状況に非常に適しています。企業はクラウドを利用することで、自らは資産を持つことなく、コンピューティング資源を必要な時に必要なだけ経費として使用でき、運用管理やセキュリティ対策を高度な専門家集団に任せられます。DXを推進するのであれば、クラウドの利用は欠かせないといえるでしょう。

SHARE

関連記事

専門誌編集長が語る、コロナ禍でのコンタクトセンターのリアル

2021.04.28

いま求められる“顧客接点の強化”第33回

専門誌編集長が語る、コロナ禍でのコンタクトセンターのリアル

三菱ケミカルHD浦本CDO「製造業DXは、現場改善と全体変革の“両利き”で加速する」

2021.04.23

INDUSTRY REVIEW~業界有識者が「DXの現在と未来」を語る第10回

三菱ケミカルHD浦本CDO「製造業DXは、現場改善と全体変革の“両利き”で加速する」

“センスのなさ”から始める「発注力」の重要性

2021.04.20

IT&ビジネスコラム第2回

“センスのなさ”から始める「発注力」の重要性

コロナ禍の「会えない」はセールス・マーケティングの変化をどう加速させたか

2021.04.19

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第27回

コロナ禍の「会えない」はセールス・マーケティングの変化をどう加速させたか

【激白】NTT Comの“危機感”とDX事業の勝ち筋

2021.04.15

IT&ビジネスコラム第1回

【激白】NTT Comの“危機感”とDX事業の勝ち筋

横河電機が推進する“インターナル”と“エクスターナル”両輪でのDXとは

2021.04.14

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第64回

横河電機が推進する“インターナル”と“エクスターナル”両輪でのDXとは

岸博幸氏が語る「スマートシティは“課題先進国”日本を変革する処方箋になる」

2021.04.07

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第25回

岸博幸氏が語る「スマートシティは“課題先進国”日本を変革する処方箋になる」

味の素社のDX戦略「規模を追う経営から、DXで社会を変革するパーパス経営へ」

2021.04.02

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第63回

味の素社のDX戦略「規模を追う経営から、DXで社会を変革するパーパス経営へ」