NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

「DXを実装する」とは、○○をビジネスに組み入れることである
2021.01.27

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第17回

「DXを実装する」とは、○○をビジネスに組み入れることである

著者 斎藤昌義

時間感覚の変化という「新しい常識」に追従できるか?

 ここでいう「デジタル技術がもたらす新しい常識」とは、具体的にいえば、「時間感覚が劇的に変化する」ことを意味します。これまでのように時間をかけて市場を見極め、完全な計画を立ててPDCAを確実にまわすといった時間感覚では、市場の変化に追従することも、先取りすることもできません。

 情報の伝達やコミュニケーションは一瞬に行われ、顧客の期待やニーズはめまぐるしく変わります。このことを直ちに理解し、現場が即応できることや、市場の変化に合わせて戦略をダイナミックに変え続けなければ、事業を継続することが難しい時代になったのです。

そんな新しい時間感覚を、常識として当然のことと受け止め、変化に俊敏に対応できる企業へと変革することが、いま企業には求められています。

 DXとは、クラウドサービスを駆使してリモートワークを実現することや、AIやIoTを使って新規事業を立ち上げることと同じではありません。デジタル技術がもたらす新しい常識、すなわち、人の価値観や行動様式、競争優位の根源や競争の原理が、デジタルによって変わっていくことに、企業が適応することです。

 つまり、自社のビジネスにクラウドやAIといったデジタルツールを導入したとしても、それだけではDXに取り組んでいることにはなりません。デジタルツールを使うことを目的とするのではなく、デジタルを前提とした新しい常識に適応することが目的です。そのためには、これまでのビジネスプロセスやビジネスモデル、あるいは組織のあり方や社員の考え方を変革することが、DXなのです。

SHARE

関連記事

デジタルトランスフォーメーション(DX)について分かりやすく説明

2020.12.01

デジタルトランスフォーメーションの実現に向けて

デジタルトランスフォーメーション(DX)について分かりやすく説明

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

2021.06.16

セキュリティ対策に求められる新たな視点第24回

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

JALは新しいナレッジシステムで、次世代のコンタクトセンターを目指す

2021.06.11

いま求められる“顧客接点の強化”第36回

JALは新しいナレッジシステムで、次世代のコンタクトセンターを目指す

早大IT戦略研究所 根来龍之氏 「日本の大企業だけがDXに後れを取っているわけではない」

2021.06.04

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第67回

早大IT戦略研究所 根来龍之氏 「日本の大企業だけがDXに後れを取っているわけではない」

企業の価値を高める「SX」とは何か?有識者が解説

2021.06.02

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第66回

企業の価値を高める「SX」とは何か?有識者が解説

AIが営業のネクストアクションを示唆! 〇〇〇で営業の生産性向上を目指す

2021.05.28

これからの時代に求められるデータ利活用第10回

AIが営業のネクストアクションを示唆! 〇〇〇で営業の生産性向上を目指す

新規事業立ち上げ時に考えるべき4箇条

2021.05.27

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第28回

新規事業立ち上げ時に考えるべき4箇条