NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

【重要】「Bizコンパス」サイトリニューアルのお知らせ
ビジネスリーダーは、DXサービスを「完成品」と見なす感覚を捨てるべし
2021.01.22

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第16回

ビジネスリーダーは、DXサービスを「完成品」と見なす感覚を捨てるべし

著者 三谷 慶一郎

DXサービスを「完成品」とみなす感覚を捨て去るべし

 さて、わざわざこのことに気を付けてほしいと述べたのは、多くの企業において、創りあげて市場に投入したDXサービスを「完成品」とみなし、修正が必要ないものだと認識されているからです。「完成品」として投入されると、想定よりも顧客からの評価が悪い場合には、このサービス自体を不良品と見なして即座に撤退させてしまいます。これではいつまでたってもよいDXサービスは生まれるわけがありません。「PoC(概念実証)止まり」という言葉もよく聞かれますが、その理由のひとつもここにあると思います。

 たぶんこのような認識は、DXサービスを「製造物」と捉えていることから生まれているのではないかと考えています。製造物は確かに、必要な機能を事前に全て盛り込んで開発して完成品として市場に出します。市場に出したモノが最終型であるため、それがウケなければ撤退あるのみという判断になるのは理解できます。

 しかし、DXサービスは違います。先に述べた通り、顧客の反応を見ながら修正し、よりよいサービスに育て上げていくものなのです。「永遠のベータ版」という言葉もありますが、本来ソフトウェアというものは書き直し変化させていくものなのだと認識すべきなのでしょう。DXサービスを「完成品」とみなす感覚を、きれいさっぱり捨て去る必要があります。

 サービスの内容そのものよりも、ビジネスリーダーが、それを大胆に変化させられるリーダーシップを持てるかどうかが、成功への分かれ道になるでしょう。

 コロナ禍において私たちは在宅勤務を行う機会が増えています。不自由な反面、通勤時間がなくなり、無駄な会議(失礼)が減り、お付き合いの飲み会に出席する必要もなくなりました。考える時間は以前に比べれば多くなっているはずです。こんな環境は二度とないかもしれません。

 17世紀のペスト禍においてニュートンが万有引力の法則をはじめとする多くの発見をした、実家で過ごした時間を「創造的休暇」と呼ぶそうです。我々もこの時間を、新しいDXサービスの創造に活用しようではありませんか。

※掲載している情報は、記事執筆時点のものです。

SHARE

関連記事

どうすればゼロトラストが実現できるのか?SASEを活用した導入術

2021.07.28

セキュリティ対策に求められる新たな視点第26回

どうすればゼロトラストが実現できるのか?SASEを活用した導入術

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

2021.07.21

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第31回

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

企業にCDOが求められる3つの理由

2021.07.16

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第30回

企業にCDOが求められる3つの理由

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

2021.06.25

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第68回

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」