NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

ニューノーマル時代に必要なサイバーセキュリティとは?
2020.11.06

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第11回

ニューノーマル時代に必要なサイバーセキュリティとは?

著者 名和 利男

攻撃者側が考える以上の「最悪のシナリオ」を用意しよう

 以上のように、「ニューノーマル」に備えたサイバーセキュリティは、ISO31000のリスク管理における重要要素である Worst case scenario(最悪のシナリオ)をベースにして立案していくことが望ましい。

 ところが、そのシナリオは、サイバー攻撃を仕掛ける者らが常に貪欲に模索しているものと同義である。

 つまり、我々が「ニューノーマル」に向けて、まず考えなければならないのは、「何をしなければならいのか?」ではなく、「何を知らなければならないか?」ということなのだ。私たちは、彼ら以上に貪欲に最悪のシナリオを想定しておく必要がある。

SHARE

関連記事

With/Afterコロナのネットワークを支える「エッジコンピューティング」とは

2020.11.18

ニューノーマル時代のネットワーク技術革新第3回

With/Afterコロナのネットワークを支える「エッジコンピューティング」とは

NFLabs.に聞く「セキュリティのトップガン人材」の育て方

2020.11.11

セキュリティ対策に求められる新たな視点第17回

NFLabs.に聞く「セキュリティのトップガン人材」の育て方

アフターコロナ時代のITインフラは「SASE」がカギを握っている

2020.10.30

DXを加速させるITシステムの運用改革第31回

アフターコロナ時代のITインフラは「SASE」がカギを握っている

通信の“異常”から見る新しいAIマネージドソリューションとは

2020.10.23

セキュリティ対策に求められる新たな視点第16回

通信の“異常”から見る新しいAIマネージドソリューションとは